「ワタミの介護」事業を売却するというニュースをご紹介いたします。
当社では診療報酬債権、介護報酬債権の買い取りも行っておりますが、こういった介護大手でも経営難に陥る時代です。
お気軽にファクタリング事業資金調達のご相談にお越しください。

 業績が悪化している外食チェーン大手のワタミが、介護事業を売却する方針を決めたことが9日、分かった。関係者によると、すでに売却に向けた入札を8月に実施し、損害保険大手の損保ジャパン日本興亜ホールディングスを含む数社が参加したという。

 ワタミは、黒字の介護事業を売却した資金で負債を圧縮させ、居酒屋「和民」を中心とする飲食事業に経営資源を集中する。

 売却対象は、「レストヴィラ」という名称の有料老人ホームなどを運営する子会社の「ワタミの介護」。現在、東京、大阪などの8都府県に110余の施設を展開している。

 ワタミは、渡辺美樹氏(現参院議員)が創業。居酒屋のほか介護や高齢者向け弁当宅配事業を運営してきた。