コーポレートファイナンスの理論をもう一度おさらいしたい経営者にオススメの本をご紹介いたします。
こういった本を読破した上で、再度自社のファイナンスが健全なのかを見直してみてはいかがでしょうか。

売掛金買取センターのファクタリングは売掛先に知られることなく資金調達ができる手段です。
一時的に急場をしのぎたいので、取引先に対して今後の面子を保っていくためにもおおっぴらに資金調達をしたくないとお考えの経営者様はぜひ売掛金買取センター《株式会社トップ・マネジメント》までご相談ください。

石野雄一氏の「ざっくり分かるファイナンス」を読んでみた感想

この本は「ざっくりわかる」の意味を取り違えると、読破するのに非常に苦労することになります。この本に関してのざっくりとは、ある程度会計理論を習得している人が、ファイナンス理論の要点をサッと目を通すような感覚で読めることを意味します。したがって、初心者用としてやバイブル本とは言えないもので、本格的なファイナンス理論を説く本です。ある程度実力のある会社で、これから上場を目指す企業の会計担当者や経営者が読むべき本と言えるでしょう。


ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)

前書きにビジネスに応用できるような感覚が伺えますが、ベンチャーの起業を考える方が最初に読むようなものではなく、キャッシュフロー会計や投資理論に明るい方が、さらに具体的な知識の肉づけに使うような書籍です。この書籍のスタートは会計とファイナンスの違いから始まります。実際に会社の会計担当にファイナンスの定義を聞いても、明確に答えられる人は少ないとし、ほんとうの会計実務とはファイナンス理論を知ることでキャッシュフロー、すなわち資金の流れを知ることでよい仕事が出来ると論じています。資金の調達方法にも触れていて、この辺りはバイブル的な要素もありますが、やはり財務会計のテクニカルな要素が多く、専門書の部類の書籍として位置づけられるでしょう。