売掛金買取センターのファクタリングと並行して、でんさい割引の利用を検討している経営者の方も多くいらっしゃることかと思います。

今回はその《でんさい割引》に関して、詳しくご説明したいと思います。
ファクタリングによる即時の事業資金調達をご希望の方はお気軽に電話またはメールにてお問い合わせください。

資金調達の1つである《でんさい割引》とは何か?

でんさい割引とは電子記録債権を現金化する際に、債権金額を支払い期日前に受け取ることのできる取引をいい、資金調達のための一手法として使うことが出来ます。でんさい割引は手形割引とはことなり、電子データでの取引を行うことによって、自由度が高く、短時間で資金調達をすることができます。

現金化したい電子債権を、持っている総量の一部を分割し、譲渡金額から割引料を引いた希望手取金額を現金化することができます。現金化までの時間は最速で30分程度とされ、割引前に審査、見積もりをしていれば、でんさいの譲渡から10分程度で入金を確認することが出来ます。

かなり大きな企業が支払い元になるため、手形割引よりも手数料が割安になる場合が多く、裏書手形と同様に保証記録も合わせて記録されます。必要書類としては、商取引を証明する資料や、代表者の本人確認のための書類、商業登記簿謄本といった物になります。

また、でんさいはでんさいネット上で管理されているため、手形のように紛失といったトラブルが発生しません。でんさいはインターネットの環境があれば、いつでもどこでも電子債権を発行・譲渡することが出来ます。でんさい割引を利用することで、従来では考えられなかった利便性とスピード、そして安心感を実感できることでしょう。