こんにちは!

昨日はしんどい1日でしたが、今日は元気いっぱいです。

お天気は残念ですが・・・。

 

さて、今日は先日ご面談に来て頂いたS社長のお話です。

S社長は神奈川県にてアパレル関連の会社を経営されており、先月末から仕入先への支払いの為、

事業資金を調達しようと色々調べた結果、弊社のホームページを見て申し込みを入れたとのご経緯でした。

S社長は事業資金を調達するにあたり、知人から「最近の資金調達はファクタリングっていうのが主流になってきてるらしいよ」と

聞いてネットで検索したら何社かファクタリング業社があり、弊社に申し込みする前に他の業社に面談にいったそうです。

他社のうち1社は3社間ファクタリングのみでの契約だった為、S社長からお断りし、

もう1社は2社間ファクタリングも可能との事で、面談に行ったら、担当者が強面でかなり強引に契約を迫ってきた為お断りしたそうです。

「ちなみにどのくらいの買取査定を出してきました?」と私が聞くと

「取引先のA社に卸した服の売掛金が300万あって、ファクタリングすると200万の買取りって言われました・・・。

300万の売掛金を200万って・・・さすがにそんな額じゃうれないと思って・・・もう資金を用意したから契約してもらわなきゃ困りますって

言われたけど、無理ですと言って帰ってきました!」

なるほど!やっぱりおかしな業社もファクタリングに手を出しているお話は本当なんですね!

ちなみに断って帰ってきた業社は千代田区でやっている「〇〇ファクタリング〇〇〇〇」という会社だったそうです。

他のお客様からも酷い業社だと聞いていた業社なので、ファクタリング会社を比較ご検討されてらっしゃる方には

お問い合わせ頂ければ社名を教えます!!

闇金まがいの業社のせいで、ファクタリングというサービスが悪いイメージにならない為にも!!

話がそれましたが、本日S社長とご契約させて頂きました。

S社長のご希望通り2社間ファクタリングにて、300万円の売掛債権を286万円にて買い取らせて頂き、

S社長も「これくらいなら納得できるわ!本当にありがとう。助かりました!」とお礼までして頂き、先ほど帰社されました。

次回はアパレルの在庫を買取して欲しいというご依頼も頂けました!ありがとうございます!!

 

2社間ファクタリング業社もいろいろ増えてまいりましたが、おかしな契約を迫る業社も増えてくると思います。

現に上に挙げた業社の他、契約書控えを渡さない業社がいたり、様々な報告を弊社顧客様より聞かされます。

大切な事業資金を調達するのに、騙されたりされては元の子もありませんからね!!

弊社にお問い合わせ頂ければ、いままでにおかしなファクタリングを迫ってきた業社の一覧表を作成している最中ですので

分かる範囲でお伝えしていこうと思っております!!

安全な事業資金調達をする際に参考にはなるかと思います!!

弊社はファクタリング業界の中でもかなり早い段階で立ち上げた会社で

創業してか5年が経ちました。まだ5年か?と思われる方もいるかと思いますが

ファクタリングが普及しだしたのはごくごく最近の事ですから!!

いろんなノウハウや経験がないとファクタリングは本当に難しいんです!!

ファクタリングについてろくな知識もない変な業社を利用してしまったが為に、契約翌日に債権譲渡通知を

売掛先に送られてしまったというお客様も現実にいらっしゃいました。

事業資金の調達なら弊社にお任せ下さい!

ファクタリングに関するご相談だけでもお気軽にお電話下さいね!!

それではここら辺で失礼致します!