セーフティネット保証制度の審査が通らなかった企業様でも、売掛金買取センターのファクタリングは対象となるケースは多々ございます。お気軽にご相談ください。

セーフティネット保証制度について

経営安定関連保証制度はセーフティネット保証制度とも呼ばれ、中小企業信用保険法により法的に保証されているものです。国内の景気悪化に伴い行政の一環として定められ、信頼性の高い融資制度を総称しています。またこの制度は、取引先などの債務整理などの申請や事業の停止、天災・災害、取引機関の破綻などのやむを得ない事情で、経営の安定性欠いている中小企業に、保証限度額の別枠で保証を利用できる制度です。

概要は次の通りです。
1号:連鎖の倒産防止
2号:取引先企業の事業活動の制限・停止
3号:事故などの突発的災害(事故等)
4号:自然災害など突発的災害
5号:全国的に見て業況の悪化している業種
6号:取引機関の破綻
7号:金融機関の経営合理化に伴う取引の調整
8号:整理回収機構への貸付債権の譲渡

1. 対象となる企業
取引先などの債務整理などの申請や事業の停止、天災・災害、取引機関の破綻などのやむを得ない事情で、経営の安定性欠いている中小企業であって、事業所を管轄する市町村長又は特別区長の認定を受けたもの。
2.保証料率
およそ1%以内で、各保証協会毎及び各保証制度毎に取り決められます。
3.保証限度額
(一般保証限度額)
普通保証 2億円以内
無担保保証 8,000万円以内
無担保無保証人保証 1,250万円以内
(別枠保証限度額)
普通保証 2億円以内(※)
無担保保証 8,000万円以内
無担保無保証人保証 1,250万円以内
※セーフティネット保証6号の場合の普通保証の別枠保証限度額は3億円以内。