トラック運送には燃料費は有料道路料金など、現金資金が必要なのに対して、受注から資金回収までの期間が長く、資金繰りが滞ってしまうことがあります。潤沢な現金資金を必要とする業種ですので、キャッシュフローを円滑にする必要があります。

運送業のキャッシュフローを円滑にするには、小口の現金収入を増やす必要がありますから、眠っているトラックを出来るだけ少なくする必要があります。手持ちの機械やトラックが眠った状態になっていますと、単なる固定資産となってしまうため、たとえわずかな売り上げであっても稼働させた方が、小口の資金にはもってこいの現金収入になります。

経営者としては大口の売り上げを期待しますが、運送業者はこまめな利益追求をしていくことが最も大切なことになるでしょう。会社が大きくなってきますと、日銭を稼ぐ感覚がなくなっていきますが、運送業者が利益を上げる基本としては、自分の地域や身の回りの身近な人からの受注を大切にすることが、経営改善の第一歩となることでしょう。運送業者は古くても整備が行き届いた車両と燃料、及び運転手がいればなりたつ業種です。近場の運送量を増やし、小さいながらも受注を切らさないように努めることが大切なことになります。