クラウド会計シリーズ第3弾は、Crew(クルー)に関するレビューです。
最近では各社税理士法人などとタッグを組んで顧問先に会計ソフトを導入する動きが目立ってきています。
税理士事務所の都合に合わせるのではなく、自社の方針に合わせて会計ソフトも選びたいものです。

財務改善、資金調達の相談は売掛金買取センター(株式会社トップ・マネジメント)にお任せください。
お電話でもメールでも、直接のご相談でも随時承っております。

ハイブリッド会計Crewで資金の流れを把握する方法とは?

起業できない人の良くある誤解に、アイデアなくして起業無しと考える人が多いのですが、現実は事業の成功はアイデアというソフト面だけではなく、会社の資金の流れを把握し運用する、ハード面との融合があって成り立ちます。

事業がうまくいっている人の共通点は、財務会計を戦略的に行っていることです。優れた財務会計システムとは人とアプリケーションが融合し、ほしい情報を的確かつ瞬時に示しくれるものです。ハイブリッド会計Crewは迅速にデーターを示すだけではなく、様々な財務情報を提示することで、アイデア実現のための力強い協力者となってくれることしょう。

自動化に特化したシステムと一目で財務状況を把握できる経営ダッシュボードが融合し、難しい簿記・会計のストレスから解放してくれます。ダッシュボードは売上や経費、仕入、預貯金残高などの財務情報をひとまとめにしたもので、瞬時に経営状況を把握することが出来ます。
また月別の収支グラフから直感的にキャッシュフローを試算できますから、迅速な意思決定が必要な時に強力な威力を発揮することでしょう。またクラウドに対応していますから、取引先から財務状況を確認し意思決定することも可能です。出先にも経理会計室がついて回るような感覚ですので、事業を成功させるための強力なツールとなることでしょう。