ビジネスローンの多くは無担保かつ無保証人で融資を受けられる、事業資金用の融資形態です。したがって純粋にお金を借りるという行為になります。それ対してファクタリングは、企業が保有している売掛債権をファクタリング会社に売却して、資金調達することを言います。両者とも資金調達の為の手法であり、相当の手続きも必要なことから、両者の利用に際しては、ほとんど差がなくなってきているのが実情です。しかし前者のビジネスローンは、手元に売掛債権がのこり、融資にかかる利子がついてきます。そして後者にはファクタリングの為の手数料がかかってくるということになり、どちらを利用する方がメリットがあるのかを、しっかりと把握する必要があります。

一般的にはビジネスローンなどの、ノンバンクからの融資は敬遠される傾向があり、それよりも売掛金を整理するファクタリングの方が合理的と考える向きがあります。確かに不良債権化されている売掛債権を処分できる、という点において、ファクタリングは有効ですが、ビジネスローンの利子と比較した場合には、一概に有利とは言い難いところがあります。また零細企業や個人事業主など、大きな売掛金がなく、かつ少額の融資金が必要な事業主の場合には、ビジネスローンを利用したほうが、利子が低い分有利であると考えてよいでしょう。