ファクタリング(売掛債権買取)、売掛債権証券化、売掛債権担保融資といった3つの資金調達手段は語感は似ているようでまったく異なる方法です。企業経営者、財務ご担当者の方向けに今回はそれらの違いについてわかりやすくまとめてみました。

めなり

売掛債権流動化とは?

売掛債権の流動化とは、文字通り流動性が乏しい資産について現金化など流動性を付与することをいいます。
売掛債権は「流動資産」ではありますが、殆どの場合に決済期日が到来するまで持ち続けることが前提となっています。
そこで譲渡他の手段によって資金調達に活用するという意味で、流動化の対象になり得るものです。

売掛債権の流動化とは、決済期日が到来する前に企業が保有する売掛債権を金融機関など第三者
に譲渡するなり担保として融資を受けるなりして、資金調達を行うことです。
この際に調達可能となる資金の額は、売掛債権に関するリスク(信用力)に大きく依存します
(経済産業省レポートより)

まとめると

1、売掛債権流動化とは、決済期日前に売掛債権を第三者に譲渡するなどの方法
を用いて資金を調達することを指します。
売掛金買取センターのファクタリングもこれに該当します。

資金調達プロのファクタリングで即日事業資金調達

2、調達できる資金の額は、売掛債権の信用力(リスク)に大きく依存してきます。
売掛金買取センターでの事前審査でもこちらを一番重視します。

3、流動化は売掛債権が発生した直後からできるわけではなく、
商品またはサービスの検収が終了して売掛債権の額面が確定した後になされるのが一般的です。

ファクタリング即日審査

ファクタリング、売掛債権証券化、売掛債権担保融資の比較

売掛債権流動化では大きく3つの手法が用いられます。

売掛債権証券化においては、
企業は保有している売掛債権をSPVと呼ばれる特定目的法人に譲渡することで、
その対価として資金を受け取ります。
SPVというのは資産(この場合、売掛債権)を買取り、
資産が生み出すキャッシュフロー (この場合、決済期日に入金される代金)を裏付けに証券を投資家
に発行する事業体であり、証券化に当って企業と投資家の媒介役を果たします。

売掛債権担保融資では、売掛債権の信用力を担保にして融資を受けることで資金調達を行います。
この方法は融資ですから、何れかのタイミングで調達した資金を返済する必要があります。
また、売掛債権が果たす役割が他の2つのソリューションと異なります。
売掛債権は売却されるのではなく、債務不履行時の弁済手段として売掛債権が譲渡担保されます。

ファクタリングにおいても、企業が売掛債権を譲渡して対価として資金を受け取ることは同様ですが、
譲渡先がファクターと呼ばれる売掛金買取センターのような法人となります。
証券化とは異なりファクタリングは相対取引が基本です。
ファクターは売掛債権を多数の投資家に転売する訳ではなく、売掛先から債権を回収するのを主業務としております。

売掛債権流動化の財務ソリューション一覧

似て非なる3つの手法について直接聞いてみたいという経営者様はぜひ

0120−36−2005

売掛金買取センターの無料相談ダイヤルまでお電話下さい。

資金調達プロのファクタリングで今すぐ資金調達