売掛金を活用して資金調達をする方法とし売掛担保融資(ABL)と呼ばれる手法があります。売掛担保融資は、その名の通り融資に部類されるもので、資金調達の為に手持ちの売掛債権を担保とすることで融資を受けるということです。売掛担保融資は信用取引になりますので、顧客の与信や売掛先、売掛金の状況、入金状況などにより融資額が大きく変わることになります。そのため、入金状況が悪い、税金の未払いなどによって融資を受けることが出来ない場合があります。

一方ファクタリングとは手持ちの売掛債権を金融機関に譲渡し、その手数料を支払うことで売掛債権を資金化することを言います。したがって売掛債権の不渡りリスクの回避や、債権を迅速に資金化したいときなど、資金調達の合理化に非常に有効なものです。しかしファクタリングを利用するには、売掛先に通知する必要が生じ、資金に窮しているということでその後の取引に影響が出る可能性もあります。

売掛担保融資については譲渡登記が不可欠になりますが、融資を受けるために売掛先に通知する必要はありません。また、大手企業からの売掛債権については、譲渡禁止条項がついている場合があります。この場合は債権譲渡承諾があれば、ファクタリングでの資金調達は可能ですが、売掛担保融資については難しいようです。