ファクタリングとは売掛金などの債権を買い取る金融サービスの事を指します。売掛金の回収には手形などを使用することが多いのですが、手形を素早く資金化したいときなどに、金融機関に買い取ってもらい、その分の手数料を支払うようなシステムになっています。ファクタリングのメリットとしては、手形の現金回収のための事務手数の負担軽減と資金化の迅速化と確実性の向上などと共に、実際の費用の軽減が挙げられます。

約束手形には印紙を貼る必要があります。その取引金額が大きければその印紙も大きくなりますし、書留で郵送することも多いので、郵送料の他保管と管理のための実務が必要になります。これらを事務手数料として考えますと、手形を資金化するには大きな費用が掛かっていることに気づきます。そこでファクタリングを利用することで、こうした事務手数料を軽減することが出来ます。もちろんファクタリングを利用することで、印紙代も軽減することが出来ます。

ここで収入印紙とは印紙税という税金を支払うために必要な証票です。これは手形などの課税文書を作成したものが、金額によって定められた収入印紙の額面が決められています。企業間で行う売掛金にかかる印紙税となりますと、かなりの額面になりますので、これを節約することは合理的な経費節減法と言えます。