おはようございます!

 

本日も暑い1日ですね。

 

外回りや現場の方は大変ですが頑張ってお仕事なさってください。

 

クーラーの付けすぎでどうやら風邪を引いてしまったみたいです(>_<)

 

タバコを吸うと喉が痛いんです。

 

健康管理を怠ってしまい反省です!

 

さて、昨年よりファクタリングに関するご質問を

 

ブログをお読みいただいている多くの経営者様から

 

メールにて頂いており、今日は頂いたご質問に答える形で

 

皆様と一緒にファクタリングについて勉強していきたいと思います!

 

ファクタリングについての基本的な質問は

 

弊社HPのQ&Aや弊社ブログ過去記事を見て頂ければ

 

ご理解頂けると思いますので、今回は契約上の質問に回答していきます!

 

 

 

 

 

 

Q、

事業資金を検討していたところ、あるファクタリング会社から

 

DMが届いていたので丁度よいと思い、申し込みをしました。

 

ところがグーグルストリートビューで相手の所在地を確認しようと

 

したところ、幾ら探しても見つかりません。不安に思い、

 

申し込みをキャンセルしましたが個人情報を伝えてしまった為

 

大丈夫かな?と心配になってきました。

 

情報が漏れてしまう事はあるのでしょうか?

(栃木県 建設業・社長)

 

 

 

A、

こんにちは!

 

弊社ブログを読んで頂き有難うございます!

 

ご質問のメール読ませて頂きました。

 

相手の会社の所在地が確認取れない。なるほど!

 

社長様のとられた行為は正解です。

 

所在地の無い会社と言う時点で怪しさ満点ですね(笑)

 

闇金融の類と思われますので、

 

そのような会社とファクタリング契約を結ぶのは危険だと思います。

 

大切な売掛債権を実態の無い相手に譲渡したら・・・

 

分かりますよね!(^^)

 

キャンセルはかけたとの事ですが、

 

もしファクタリング会社を装った闇金業者であれば

 

その仲間が再度営業をかけてくる事があるかもしれませんね!

 

『グループ』といい、彼等は幾つもの系列会社を持っている可能性がある為

 

知らない相手から営業電話が入ったりした時は注意した方がいいでしょう。

 

むやみやたらに申し込んでしまうと大事な個人情報が闇金などにさらされてしまい

 

後々集中的に電話がかかってくる事もあるので要注意です。

 

申し込むにあたり、相手の所在地や登記簿謄本を上げてみたりある程度は

 

調べた方が安全ですよね!

 

また分からない事があればいつでもメールして下さいね(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q、

突然のメールですみません。都内で内装業をやっている者なのですが

 

事業資金に困り、ネットにてファクタリングで資金を調達出来る事を知り

 

御社とS社のどちらに申し込もうか迷っていました。

 

しかし、HPの買取条件をみるとS社の方が高価買取と条件が

 

良さそうでしたのでS社へ申し込みしました。

 

面談に行き、買取条件を提示され酷い条件だったのですが

 

どこに行っても一緒だと言われ、契約を結びました。

 

しかし書面の控え等なにも貰えず、

 

不安に思い貴社のブログを読み直していたところ

 

書面の控えを渡さない悪質なファクタリング業者がいるという事を知り

 

私が利用したS社も同じだったので心配になり、ご連絡した次第であります。

 

ブログをきちんと読んでみて改めて

 

貴社とお付き合いさせてもらえばよかったと後悔してます。

 

借り換え?などして頂く訳にはいかないでしょうか?

(東京都 内装業・社長)

 

 

 

A、
お問い合わせありがとうございます!

 

弊社とS社?と迷われていらっしゃったんですね。

 

ファクタリング会社も色々増えてきましたので

 

何処がいいのか皆さん分からないですよね。

 

弊社は2社間ファクタリングという分野において、

 

業界で初めてノウハウを作ったという自負がございます。

 

今2社間ファクタリングを掲げ商売している中に

 

インチキファクタリング会社が8割くらいいるそうです。

 

そういったインチキファクタリング業者は所在地はあるのですが

 

契約書面の控えをお客様に渡しません。

 

お客様の大事な売掛債権を売買するのに、

 

契約書面の控えを頂けなければ大事な債権を幾ら分売ったのか

 

有耶無耶にされてしまう恐れがあります。

 

書面上では高額査定であったにも関わらず、

 

実際はめちゃくちゃな手数料を取られた!なんて話も耳にします。

 

あとは1000万円分の売掛債権の中の100万円分だけ

 

買い取ってもらったはいいが、

 

2社間ファクタリングでの契約にも関わらず、

 

翌日、売掛先に債権譲渡通知書を発送され

 

1000万円分譲渡を受けたと騙された社長様もいらっしゃいます。

 

その方は現在裁判でその業者と争い中ですが

 

書面の控えが無いため、厳しい裁判になられていると伺いました。

 

怖いですよね!

 

社長様の会社でS社に売っていない他の売掛債権が有れば

 

弊社でお見積もりを出させて頂きますので是非検討してみて下さい。

 

ご心配であれば専門家もご紹介させて頂くので

 

何かあれば、またメールを頂ければと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は弊社に頂くメールを一部、抜粋してご紹介させて頂きましたが、

 

こんな感じのメールを日々多数頂いております。

 

ファクタリングというまだ新しい資金調達の方法ですが

 

業者側も契約者側もリスクを分からず契約しているのがチラホラ見えます。

 

正しい知識を身につけ、安全にファクタリングを利用し

 

事業資金として運用できるよう我々もお力添えしていければ!と思っております。

 

弊社トップ・マネジメントではお客様に安心してお取引頂く為、

 

契約書面の控えをお渡しするのは勿論の事、

 

信頼できるファクタリングを日々目指しております。

 

今年で創業6年目の弊社に

 

何か資金調達のご用命があれば、何なりとお申し付け下さい!

 

尚、ファクタリングに関するメールでのご相談も随時受け付けておりますので

 

お気軽にどうぞ!

 

メールアドレスinfo@top-management.co.jp

売掛金買取
売掛金買取