経営に携わる人なら、近年ファクタリングをいう言葉を聞く人も多いのではないでしょうか? ファクタリングは借金とは異なり、安全で素早い資金調達を実現できる、新しい手法として注目を集めています。ファクタリングを利用することは、キャッシュフローを円滑にし、財務状況を極めて良好にする効力があると言ってよいでしょう。古くからの資金調達法として、金融機関からの融資が挙げられますが、大きな金額になりますとひと月以上かかることも珍しくはありません。また、金融機関からの融資には審査のエビデンスとして、信用情報が特に重視されるでしょう。つまり、一つの信用情報の欠損によって、大切な融資を受けられない可能性もあるわけです。

ここでいう信用情報とは、信用情報機関による登録、つまりブラックリストへの記載という事になります。ブラックリストとは継続中の支払いに対して事故あった場合に、その情報が登録されるものです。これを元に金融機関は融資の判断材料の一つとしています。また、この信用情報は年収や勤務状況、ローンの支払い状況などがまとめられ、支払いに不備があったことを示唆するものになります。そのため、この情報の存在自体が信用度の低さにつながり、融資に影響を受ける事になるという訳です。

このように、金融機関からの融資には厳しい審査に加えて、信用情報の調査が課せられます。したがって不慮の事故だったとしても、融資が受けられない可能性が高まります。その点に関して言うなら、ファクタリングならばたとえ信用情報に傷があったとしても、それほど影響はありません。何故ならファクタリング会社が取り扱う商品は、売掛債権だからです。ファクタリングは融資とは異なり、売掛金の買い取りや譲渡によるものなので、信用機関は関係ないのです。このためファクタリングの利用には、信用情報機関による登録があっても特に問題ないと言えるでしょう。ファクタリングは信用情報機関による登録に関わらず、資金調達を可能にしてくれる非常に融通性の高いツールになります