売掛金買取センター(株式会社トップ・マネジメント)ではファクタリング実行前の審査としてご準備いただく書類がいくつかあります。

ファクタリング契約までの流れ をご覧ください。
この必要書類を速やかに準備いただくことで即日事業資金調達のファクタリングが実行されます。ぜひご理解の上、当社にお問い合わせ頂ければ幸いです。

今回は、銀行のエビデンス審査に関する基準についてまとめました。ファクタリングは決算書よりも債権がある売掛先の与信を重視しておりますので諦める前に一度ご相談ください。

銀行融資のエビデンス審査の基準とは?

企業をより発展させていくために、絶対に欠かせないものは資金です。どのように素晴らしいアイデアがあっても資金がなければ実現することは出来ません。また、確実に成功できる事業があるのならば、借金をしてでも起業する価値はあるでしょう。しかし銀行は簡単にお金を貸してはくれません。銀行から融資を受ける際に最も重要なことは、信頼性の高いエビデンスを用意することが最低限の条件になります。

融資担当者がエビデンスを審査するときに、一番重要視するポイントは決算書になります。しかし少しでも融資を有利なものにするために、粉飾まがいの決算書を作ると、それはすぐに相手に伝わってしまいます。つまり、決算時期によって利益が大きく見えるような決算書にしてしまうと、融資担当者の不審をかうばかりか、長期的な融資についても影響を与えてしまうことになるでしょう。したがって一時の大きな利益を見せるよりも、定期的にキャッシュフローの改善していく仕組みが、見えるような決算書をつけることが、一つのポイントとなります。

そうすることで、経営者の理念も見えてくるようになります。信頼のおける経営者であれば、自然に融資の条件も良くなっていくものです。融資担当者がみているポイントとしては、信頼性と確実性と言うことになるでしょう。