売掛金買取センター(株式会社トップ・マネジメント)にはプロパー融資が否決された企業様も多数事業資金調達のご相談にいらっしゃいます。
ファクタリングに必要なのは、強いて言うならば企業間の売掛債権のみです。
まずはお気軽にご相談ください。

プロパー融資の利点と欠点を詳しくご説明

銀行から受ける融資として、信用保証協会の保証付融資とプロパー融資の二種類が存在します。保証付融資とは信用保証会社に保証人になってもらう融資のことをいい、プロパー融資とは銀行から直接融資を受けることを言います。

プロパー融資のメリットとしては、一つに保証料がかからないことが挙げられます。信用保証協会の融資には上限があり、無担保保証の場合で8000万円とされています。また、担保有の場合には2億8千万以上の融資を受けることは出来ません。制限がある事で、大きな事業主には利用しにくい物となっており、これ以上の融資を受けるには別枠を設ける必要があります。その点、プロパー融資にはこのような条件が存在しないため、審査によって必要な額の融資を受けることが出来ます。また、保証付融資には信用保証協会に対して年間保証料を支払う必要が生じてきます。融資額が大きくなるほど累進していきますので、保証料にも大きな負担がかかってきます。

プロパー融資のデメリットとしては、銀行からの融資に必要な審査が厳しくなることがあります。貸付側としては無保証での貸し付けとなりますので、借り手に担保を求めることもあるようです。さらには、一般的に貸付期間が短くなるケースのあるようです。返済期間を長期化させると貸し倒れのリスクが生じてくるためです。