おはようございます!

先日夜、企業コンサルティング及び税理士事務所をやられておられる大先生より電話が!

「やあ、久しぶり!元気?君の所でやってるファクタリングは、ベンチャーでも対象になるのかい?
もしやれるんなら、何社か相談受けてるから話聞いてみるか?」と久しぶりの電話で新規顧客の紹介してもらう事に!!

「俺の紹介なんだから、出来るだけ高額査定出してよ!明日何社かそっちに連絡するように言っておくから!高額査定で頼むよ!俺の顔があるからさ!ぶつぶつぶつぶつぶつ。」

私「ご紹介有難うございます!!出来る限り高値で買取り出来るよう頑張ります!お任せ下さい!!」というやりとりがありました。

 

 

先ほど先生のご紹介のE社長よりお電話頂きました!
E社長は去年の10月、長年お勤めされた大手ゼネコンを退職され、新規に建設業を経営しておるそうで
仕事の案件は以前努めていたゼネコン及びその子会社を含め数社から頂いていて受注に関しては立ち上げから順調のようです。
しかし、運転資金で問題が!
ゼネコンを退職された時に出た退職金を立ち上げ資金と運転資金として使っていたのが今年の初めに資金がショートしてしまい、
現在、先出しの外注費に頭を悩ませ先生の所へ相談しにいったという経緯でございました。
弊社ファクタリングの説明をさせて頂き、2社間ファクタリング・3社間ファクタリングのメリット・デメリットを詳しく説明したところ、
ファクタリングにて事業資金を作るにあたり、出来る限りファクタリングにかかる費用を抑えたいとの意向でしたので
3社間ファクタリングをお勧めさせて頂きました!
以前お勤めされていたゼネコンには子会社もあり、当時子会社の面倒を見ていたE社長は
「Y建設なら3社間の話が出来ると思う!」という事でY建設に確認してもらうとすんなり債権譲渡の許可を得られました!
弊社のほうでもY建設の調査をしたところ、問題なく買取り出来る企業様でしたので
明日早速、面談をして可能ならば明後日契約実行する予定です!!!
ご提示した買取代金についてE社長もご満足頂いた様で、「先生の顔」を立てる事ができそうなのでほっと一安心!!

今回のE社長のように、ベンチャー企業(新規立ち上げ事業者)に対し、銀行やノンバンクは担保・保証人でもいない限り相手にしてくれません。
立ち上げたばかりのベンチャー企業はスポンサーとなる協力者が必ず必要となってきます!!
自己資金が豊富にあれば問題ありませんが、自己資金が無い場合はせっかく立ち上げた事業が軌道に乗るまで大変な道のりになってしまいます!
新規に事業を立ち上げ、すぐ仕事の受注が有る場合にはファクタリングは非常に有効な事業資金調達方法です!!!
ベンチャー企業の方で事業資金が必要な方がいらしたら

是非弊社のファクタリグを利用してみてください!!
受注量も増やせると思いますよ!!