今日はもうひとつ!

皆様はマッチポンプという言葉を聞いたことがありますか?

マッチで自ら火事を起こして煽り、それを自らポンプで消す」などと喩えられるように、問題や騒動について、自身でわざわざ作り出しておきながら、あるいは自身の行為がその根源であるにもかかわらず、そ知らぬ顔で巧妙に立ち回り、その解決・収拾の立役者役も自ら担って賞賛や利益を得ようとする、その様な行為を指して用いられる表現である(ウィキペディアより抜粋)

先ほど世の中に本当は必要じゃない事業者もたくさんいる的な事を書きましたが

もう少し掘り下げて考えてみました!

例えばウィルスによる感染病。

私が子供の頃にはなかった鳥インフルエンザウィルスや

豚インフルエンザウィルス等という言葉を近年良く耳にします。

はたして本当に自然界から発生しているのでしょうか?

「今年もインフルエンザが流行しております。予防の為ワクチンを打ちに行きましょう」

テレビで何気なく見ていると私はたまに疑問に思います。

本当は自然界で発生したウィルスではなく、

本当は製薬会社もしくはそれに準ずる者が科学者等を使い、人工的にウィルスを作成して

撒いているんじゃないのかと。

だからタイミングよくワクチンが用意されてるんじゃないのかと。

ウィルスとワクチンを同時に作りウィルスを上空から撒き散らし

人々が治療の為、ワクチンを購入するという図はまさにマッチポンプですよね。

 

また話しは変わりますが、人材派遣会社と大手企業と政治家この辺の癒着もどーにかならないもんでしょうか?

皆さんご存知かもしれませんが、通常会社を法人にしていると社会保険に強制的に加入させられます。

社会保険というものは会社で半分、個人が半分負担するものですから、

正社員数の多い大手企業になればなるほど会社の負担が大きくなります。

そこで登場したのが「派遣契約社員」でございます。

派遣社員は正社員とは違い、国民年金ですから正社員をリストラし、

派遣社員を増やせば企業の社会保険料負担は下がります。

いかに大企業の負担を減らし、大企業に利益をもたらし、庶民をないがしろにしているのが良く分かりますね!

それに、今回の消費税増税!まさに庶民の傷口に塩を塗りこむ行為です。

最近この国は昔のような暖かさが非常に薄れてしまったように感じます。

放射能がダダ漏れでもお構いなしの日本。

本当に「直ちに人体への影響はありません」なんて言っていたが

当に大丈夫なんでしょうかね?枝野さん?

戦後、アメリカが日本仕掛けたに「3S政策」

スポーツ・スクリーン(映画やテレビ)・セックス

この3つの「3S」により日本国民を愚民化させようとしました。

現在の結果はどうか。

皆政治や世の中の本当の流れ等調べようともしない人がほとんどです。

大成功ですね?アメリカさん!

おかしな方向に向かっていってしまっている日本。

みなさんはどのように思いますか?