リバースファクタリングは日本国内ではまだ珍しい手法ではありますが、通常のファクタリングに類似するものと言ってよいでしょう。注文者と供給者とサービサーの関係は、ちょうど基本的なファクタリングと変わらず、そのプロセスの狙いはサービサーによって供給元の受取勘定に融資することになっているものとなんら変わりはありません。通常のファクタリング同様、リバースファクタリングによって、供給元はほとんどリスクなしで売掛金を回収することができます。

しかし、リバースファクタリングは、これまでの基本的なプロセスに対して、イニシアティブを持つのはファクタリングを依頼した供給元からではありません。この手法のファクタリングを発議するのは、供給者ではなく注文者になります。簡単に申しますと、リバースファクタリングとは、注文者が支払うべき買掛金を、サービサーに支払わされる前に、その請求書を選ぶことを指します。そして、供給元はサービサーによってこれらの請求書のどれを支払われる必要があるかを選ぶことができるのです。したがって、それは注文者、供給元とサービサーの間で行う、一種共同プロジェクトと言えるものと言ってよいでしょう。

その一方で、このプロセスを始めるのは注文者であるので、ファクタリングを実施するのは注文者の責任という事になります。この手法の融資は通常は大企業が利用するものになりますので、供給者が中小企業である場合には大きな利益を得ると言ってよいでしょう。そして、融資者は、供給元と注文者との永続的な関係を確立していきます。供給元は、簡単にキャッシュフローを管理することができ、債権管理のコストを下げることができるというメリットを享受することができます。さらに、大企業との関係を改善して、それがより信頼できるビジネス関係を確立していきますので、リバースファクタリングは多数のグループがある小規模の会社に非常に役立つでしょう。

ファクタリング