ファクタリングとは現物手形での決済に代わる新たな決済手段です。様々なファクタリングの方式がある中で、一括ファクタリングというものがありますが、企業、得意先およびファクタリング会社の三者が合意して、得意先が企業に対して保有している売掛債権を、ファクタリング会社に一括して譲渡することを指します。ファクタリング会社が代金決算業務を代行することで、仲介料と債権を徴取するサービスといってよいでしょう。

手形の振出しが不要になるため、これまでの事務手数料が削減され、印紙代なども節減されることから、企業の経費節減にもつながるとされています。また、手形の回収にはかなりの時間が掛かることも珍しくはありませんが、基本的にファクタリング会社が債権を管理することになりますので、資金繰りの効率化につながるともされています。売掛債権の回収には非常に時間が掛かるケースもありますし、その点ファクタリングに関して言うなら、即日の融資も可能となります。

売掛債権が回収できないことは経営を逼迫させることになり、場合によっては借入に頼らざるを得ないケースも出てきますが、ファクタリングの活用によって素早く債権を資金化するのも可能になります。手数料や割引が掛かりますが、確実な資金調達の方法としてその手法は社会的地位を確立しています。