経営者は常日頃、孤独であるといわれています。当社に資金繰りに相談に来られる方でも誰に資金繰りの相談をしてよいかわからなかったという経営者の方も数多くいらっしゃいます。

本格的に資金難になる前の備えとしてもノンリコースファクタリングは非常に有効です。
お気軽に無料相談窓口をご利用ください。

【中小企業のための「資金繰り・借入交渉」実践マニュアル】を読んでみた感想

人に聞いてもなかなかわからない、実践的な資金繰りの知識やノウハウが積み込まれている良著です。その内容は、銀行などの金融機関の中小企業に対する財務状況の見方は厳しいという、一貫とした視点で書かれており、その為の具体的な対策と成功例を掲げています。この点で経営者にとっての資金繰り・借入交渉のためのバイブル本となりえる一冊と言えるでしょう。中小企業金融円滑化法の終了により、借入金の返済条件の変更、いわゆるリスケジュールはしにくくなりました。しかし改善の可能性がある企業のリスケジュールは銀行も応じる可能性があることから、経営者は財務状況を改善する努力を怠らず、銀行との関係を良好にしておく必要があります。

中小企業のための「資金繰り・借入交渉」実践マニュアル

新品価格
¥2,592から
(2015/7/21 11:46時点)


その為の具体的に処方を、この本を通して教授してくれますが、その内容についてはある程度の財務の知識を必要とするでしょう。また、この本では会社の経営改善に結びつくような実際の成功事例を掲載しています。資金繰り表の見方と活かし方や経営改善計画の作成ポイントなど、金融機関との交渉を有利に進めるためのテクニックが積み込まれています。抽象的な知識ではなく、実践的に得られたことが伺える本ですので、資金繰りの知識の習熟度の高い人でも参考になるポイントが網羅されています。金融機関のタイプ別の判断基準の違いについても的確に書かれていますので、融資をする銀行員にさえも参考になる良著と言えるでしょう。