補助金を公募するとき申請する書類の受付には二種類の方法があります。一つは紙で受け付けるもの、そしてもう一つがインターネットを介して受け付ける方法になります。これを電子申請といいます。電子申請には大きなメリットがあり、事業主の方が近年注目しているものです。

パソコンの基礎知識を必要としますが、慣れれば誰にでも申請することができます。必要なものはインターネット環境とパソコンになります。電子申請を実施するには3つのステップを踏む必要があります。
第一に中小企業庁のインターネットサイトにアクセスし、“ミラサポ”で企業IDを取得する必要があります。そして取得した企業IDとパスコードを専用の画面に流力史、サイト内の“電子申請ページ”にログインします。第二にログインした電子申請のページから“事業計画”当の必要事項を入力して、最後に送信ボタンを押します。第三に事業計画を採択された場合にのみ、提出書類一式を郵送します。この書類の内容は先に電子申請したものと一致している必要があります。公募の要綱に従い書類を送付すればそれほど難しくはありません。

インターネットを介しての申請には、パソコンを利用したことの無い方には厳しいものになりますが、インターネットなどで遊んだことのある人なら十分使いこなせるでしょう。また大きなメリットもあるため、これから申請を考える人はぜひ電子申請を利用するべきです。