売掛金買取センターのファクタリング審査でも
事業計画を重視しております。

詳しくは

0120−53−6611
までご連絡ください。

資金調達事業計画書は金融機関などからの借り入れの際、借り入れた資金の使い道についてまとめた報告書を指すことが多いです。
資金調達事業計画書は事業計画書の中に一緒にもりこまれることも多いのですが、
金融機関によっては作成を別に依頼することも多いようです。

資金調達事業計画書に書かれる内容は主に3点です。

1つは事業の将来性、2つ目は事業にかかるコスト等の資産、3つ目が実現性です。

事業計画書の内容にも近いですが、資金調達事業計画書では融資によって得られた資金と
自己資金とを合わせた金額で事業がどのように行われる予定なのかを示す報告書となっていることが多いです。

資金調達事業計画書で事業の内容について説明する際に重要なのが、返済計画と事業との関係です。
はうまくいくが返済が滞るもしくは返済の計画が無いということでは金融機関は融資できません。
事業から得られる利益からどのように返済をするかについてまとめあげるのが資金調達事業計画書でもあります。

返済方法については利益からの現金収入による返済の他に税制上認められている固定資産税や
事業に付随する研究費に関する節税などからも返済に回せる資金が生まれます。
事業計画書では事業がうまく行くための方法についてまとめられていますが、
資金調達事業計画書では事業がうまくいく、もしくは事業の進捗が遅くなっても資金的に余裕があり、
返済は滞り無く進むような計画になっていることが重要です