中小企業の資金調達方法として最もポピュラーなのは、金融機関からの借り入れです。中でも銀行や信用金庫などは地域に密着した営業を行っているところが多く、金利も低いため、中々融資を受けることができない中小企業でもある程度の借り入れが可能になっています。また、利用しやすい資金調達方法として政府系の金融公庫があり、国民生活金融公庫や中小企業金融公庫、商工組合中央金庫なども積極的に融資をしてくれることが多いです。

一方で、ビジネスローンや商工ローン、ノンバンク系の借り入れを利用するという資金調達方法もありますが、こちらは金利が高めに設定されていますので、メインで借りるのではなく、不足が生じたときのつなぎ資金として利用するのがおすすめです。銀行系に比べると融資可能な金額もやや少なめになりますので、銀行系で借り入れができなかったときに利用すると良いでしょう。元々、銀行系からの借り入れの場合には取引することでつながりを持つことができるため、事業を行ううえで有利になるというメリットもありますが、ノンバンク系では単に借金をしているだけという付き合いにしかなりません。また、中には利息が高すぎて経営に悪影響を及ぼす場合もありますので、複数の金融機関を利用するといった場合にも、極力利率の低いところをメインで借り入れるに超したことはありません。いろいろな金融機関の資料を取り寄せて、資金繰りについて検討しましょう。