中小企業信用保証協会とは、中小金業社の方が金融機関から事情資金を受けるときに、公的機関としてその保証人となってくれて、借入をしやすくして、金融をスムーズにしながら中小企業の支援を行うために設立されている信用保証協会法に基づいた特殊法人のことです。

主な目的には、信用保証の業務を行って、中小企業者に対する金融関連をスムーズにすることです。

中小企業信用保証協会では、事業の維持や創造、発展に努めている中小の企業に対し、公的機関として将来性と経営の手腕を正しく評価を行い、企業の信用を造って信用保証を通じながら金融関連をスムーズになるようにサポートを行います。

また、相談や診断、情報の提供などの要望にも対応して、中小企業の経営基盤の強化に役立ちながら、振興と地域経済の活力がある発展にも貢献しています。

中小企業信用保証協会の主な業務は、中小企業者が銀行または他の金融機関からの資金の貸付、手形の割引などを受けることによって生まれる債務の保証を行っています。

もし、中小企業者が返済不能になったときには、代わりになって金融機関に代位弁済を行います。

信用保証業務にはリスクがありますが、それを保険によってカバーを行っています。

この保険によって信用保証制度の機能が十分に発揮できるようになっていて、保証承諾は日本政策金融公庫との信用保険に再保険される「信用保険制度」によって保証がされています。

通常の銀行などの金融機関では、融資が受けにくい中小企業でも保証協会が保証人となってくれるので受けやすくなります。