ファクタリングは中小企業倒産防止共済の代わりにも利用できます。
お気軽に売掛金買取センターまでお問い合わせください。

中小企業倒産防止共済を使ってリスクヘッジする方法とは?

中小企業倒産防止共済は、掛金を納めることで、取引先の倒産などでの連鎖倒産や、資金繰りに困るような事態になった場合、納めた掛金の最大10倍の資金を借りることが出来る制度です。企業リスクの回避防ぐための「つなぎ融資」的な意味合いをもつ制度ともいえます。中小零細企業や創業まもない企業は、一時の事故からキャッシュフローが悪化して、資金繰りに困ることがあり得ます。そうなると仮に経営が健全であっても銀行は融資に慎重になり、融資を出し渋ることは良くあることです。そのような時に中小企業倒産防止共済金で、一時的に運転資金を確保することができます。
加入するとメリットが多くあり代表的なメリットを挙げると
1.掛金が全額経費で節税できる
中小企業倒産防止共済は掛金全額が経費扱いですので、節税対策とすることが出来ます。
2.解約しても掛金が戻ってきます
12カ月以上掛金納めることが条件になりますが、解約した場合に掛金は返還されるので貯金と同じような要素ものです。
3.取引先が倒産していなくても借入れが可能です
中小企業倒産防止共済は、取引先が倒産していなくても、一時貸付金として最大で納付した掛金の95%相当額を借入れることができます。
中小企業倒産防止共済に加入できるのは、資本金の額または出資の総額、常時使用する従業員数のいずれかが、基準に該当する会社または個人の中小企業者であることが条件になります。