日本の経済を支える中小企業にとって、その資金確保は最大の課題の一つということが出来ます。これらの補助金や助成金の種類を知ることは、企業戦略を考えるうえで最も重要な戦略の一つと言えるでしょう。

モノづくりやサービス事業などを創出するために必要な資金を補助してくれるものを、モノづくり補助金としてひとくくりにすることが出来ます。これはものづくり・商業・サービス新展開支援補助金というもので、認定支援機関と連携をして革新的なサービス開発や試作品の製作、そして生産のための過程を改善していく中小企業の設備投資等を支援してくれます。

次に女性や若者といった社会的に未熟な労働者が地域で起業したり、後継者の新分野へ挑戦したりといった物の支援をひとくくりにすることができます。これは、創業・第二創業促進補助金というもので、新たに創業を目指すものに対して、その経費の一部を支援することで、新しい需要や雇用の創出を目指していくものです。そして地域と国の経済を活性化させていくことを目的としています。

そして、小規模事業者の経営計画に基づいて販路拡大を支援することを目的にしている、小規模事業者補助金をひとくくりとすることが出来ます。これを小規模事業者持続化補助金といい、小規模であるためになかなか販路の拡大を実現できない事業者の広告宣伝や店舗の改修といったきめの細かい支援を実施するための補助金となっています。