今回は事業者ローン(ビジネスローン)の欠点と利点についてご説明いたします。当社にはノンバンクですでに融資を受けている企業様からの問い合わせも多数いただきますが、ファクタリングも含めて事業資金調達方法には一長一短があるのをよく念頭に置いた上で利用されることをオススメいたします。

売掛金買取センター(株式会社トップ・マネジメント)は、幅広く事業資金調達のご相談を承っております。ファクタリングに関する素朴な疑問でも構いませんのでお気軽にお問合わせいただければ幸いです。

事業者ローンの欠点と利点

事業者・経営者にとって資金繰りは永遠のテーマです。中小・零細企業になるほど、急な資金が必要になることがあります。銀行などの公的な金融機関から簡単に融資を引き出すことは難しいでしょう。そのような時には事業者ローンを利用するのも良いかもしれません。事業者ローンと言いますと、ノンバンクやキャッシングといった悪いイメージを持つこともある事でしょう。しかし、現在では非常に多くの事業者・経営者が事業者ローンを手軽に利用しています。

事業者ローンを利用することの一番の利点は非常に対応がスピーディということが挙げられます。融資の依頼から3営業日の間に融資を受けられることがほとんどですので、急な資金が必要な時に非常に重宝するでしょう。また、公的な銀行と比べて、審査が甘く通過率が高いと言われています。事業の継続性に自信がありながら、銀行の融資が通らない時には非常に有効な資金調達法と言えるでしょう。さらにはキャッシングなどの総量規制とは別枠で融資を受けることが出来ます。キャッシングには年収の三分の一以上の融資金額を受けることが出来ませんが、キャッシングなどで他に借り入れがあっても、総量規制にカウントされません。

欠点としてあげられるのは金利が高いことが挙げられます。利便性が高く手軽に借りられることから、金利設定を高くしているともいえるでしょう。また銀行からの融資金額に対して限度額が小さくなることも考慮に入れましょう。