売掛金買取センター(株式会社トップ・マネジメント)のファクタリングは個人事業主の方はご利用いただけません。法人様のみとなりますので予めご了承ください。

事業資金用カードローンのデメリットとは?

個人事業主になりますと、その自由な社会性に魅力がありますが、良いことばかりではありません。一番問題となるのはその資金繰りになります。いくら個人事業主とはいえ、事業を永続的に継続していくには、最低限度の資金が必要になります。しかし個人事業主たる自営業者には、事業資金は融資してくれません。この為個人事業主の多くはカードローンを利用するケースがとても多いのです。

個人事業主については、その収益が不透明なことから、ノンバンクとはいえどもそう簡単にはお金を貸してはくれません。また現実にお金を貸してもらえたとしても、その返済には大きなリスクを伴っていることも否めないのです。すなわち事業資金用のカードローンでは比較的簡単にお金を借りることが出来るため、リスクを見逃しやすいということが言えます。

個人事業主は基本的に自分のやりたいことを、生業としているため、売り上げを度外視して道楽的な経営に陥りやすい傾向があります。そのため、事業に失敗してしまった時に借りたお金を返せない、と言うケースに嵌りやすいのです。ノンバンクの融資審査であれば、融資にブレーキがかかりますが、カードローンの場合には、自分で事業見通しをしっかりを行わなければ破綻の可能性が大きくなります。