おはようございます。

 

8月27日にご紹介させて頂きました。

介護事業をおこなっている、E社長様。

 

消費税の滞納が膨らんでしまった為に、出来てしまった

約1500万円。 8月中滞納分である内の500万円

支払われなかったら、更に1事業所の介護給付費債権

差し押さえるとの状況でした。

老人ホーム 2事業所

デイケアサービス 2事業所

上記の内、

既に1事業所の介護給付費債権差し押さえられていました。

 

その際に、弊社にてファクタリングを実行し、請求されていた

滞納分500万円8月末までに納めることが出来ました。

 

その後、E社長様と年内までの資金繰りスケジュールを立てて、

どのようにしていくかの相談を受け、弊社が出来る最善の

ご提案をさせて頂きました。

 

結果、9月から12月までで税金の滞納分を消化し、

来年度からはプラスに転じる計画が立てることが出来ました。

 

税金の滞納が、5年程溜め込んでいたので、今回の様な事態に

陥ってしまったのですが、E社長様も資金繰り目途が立ち

事業専念できるとの事でした。

 

私の個人的見解としまして、介護事業はホントに大変です。

E社長様は、自らのご両親を見てきて、この業界に飛び込んで

きたそうですが、現実は色々な壁にぶつかる事が多かった

そうです。お客様も様々で、予測できない行動をとられて

しまうことも度々。。。

そのような困難に立ち向かうにあたり、資金繰りで金融関係

からは資金調達が非常にやりずらい現状があり、

右往左往してしまうこともしばしば。。。

E社長様も従業員達の為にも、頑張っておりましたが、

今回、弊社と色々お話する事が出来て、良かったと言って

頂けました。

 

弊社では、各会社様毎に出来る限りのご提案をしております。
ファクタリングと更にコンサル業務を行っていますので、
どんなことでも、お気軽にご相談頂ければと思います。

 

売掛金買取センタートップマネジメントのファクタリング2
売掛金買取センタートップマネジメントのファクタリング2