ファクタリングはどうして金融機関に相手にされないウチでも契約対象になるのか? という質問をよくお受けします。
今回はそういった疑問に対する回答をさせていただきます。

企業再生のためのファクタリング

企業が存続していくためは、安定した資金供給が必要になりますが、経営状態が良くても必ずしも黒字経営になるとは限りません。慢性的なデフレ不況となっている日本社会においては、支払いを手形や買掛金による支払いも珍しくはなく、現金を回収するまで本当の利益は確定しないといってもいいでしょう。

資金がショートしてしまった会社は、金融機関からの信用も下落し、簡単にはお金を貸してはくれません。最近では比較的審査が甘いと言われる商工ローンも、潤沢な資金をもっている会社にしかお金はかしません。簡単にお金を貸してくれる金融機関は無いといっても過言ではありません。

現在、売上が好調な会社は沢山の売掛金が持つことで知られています。このような企業は掛金の早期回収が存続のためのネックになりますが、売掛先も簡単にはお金を払ってくれず資金がショートしてしまう危険性もあります。このような企業は黒字倒産する可能性もあり、その回避方法としてはファクタリングが挙げられます。これを企業再生のためのファクタリングと称しますが、その条件としては毎月100万円以上の売掛金が発生するような、売り上げが好調な企業に限定しているファクタリング会社が多いのも実情です。ファクタリング会社としては、優良な債権や売掛金と企業からの保証金を得られますし、依頼企業も資金の早期回収が出来るウインウインの関係となります。

ただ、売掛金買取センター(トップ・マネジメント)の場合はそういった最低毎月100万円以上の売掛金といった基準を一切設けておらず、単発の数十万円単位の資金需要に関してもお応えしております。
最重要視しているのは、売掛先の与信状況です。

まずはお気軽にファクタリング即日事業資金調達の無料相談窓口をご利用下さい。