中小零細企業が資金の融資を各金融機関にお願いするときに、不可欠なのが保証協会からのお墨付きになります。中小企業への融資の為の味方であるはずの保証協会ですが、誰でも保証を受けられるというわけではありません。金融機関から融資を受ける時と同様に審査を通過する必要があるのです。とはいえ、保証協会が融資をしてくれるわけではなく、信頼を保証してくれるものとしてとらえておく必要があります。つまり、社会的に信頼度の低い中小零細企業に成り代わって、融資の為の保証をしてくれるという機関になるわけです。

保証協会のお墨付きを得るために必要な事とは、中小零細企業の事業者の信用度と言うことになります。その多くは、その企業の収支状況、またそれに付随して事業者個人の収支状態にまで及びます。その信用度に傷がある場合には、保証協会からの審査に通過することが難しくなります。

保証協会からの保証が得られない、と言うことになりますと、金融機関からの融資は難しいものになります。会社、個人ともにその収支状況を改善する必要がありますが、簡単にはいかないでしょう。そして、保証協会を利用するということは保証人、担保を持てないということを意味するケースが多いようです。このように保証協会からの保証が得られない場合には、日本政策金融公庫からの融資を検討することになるでしょう。