おはようございます。

先日、20時頃私がまだ会社に残っておりました。

すると、突然会社の電話が

「トゥルルルル~ トゥルルルル~♪♪」

と鳴り響きました。

私しかその時間帯に残っておらず、

一瞬、焦りました(笑)

電話に出ると、早急に資金調達をしたいとのこと。

簡単に話を伺い、翌日必要書類をお持ち頂いて来社頂く事に!

======================

K社長様
東京都 23区
アパレル業
月商:3500万円
従業員:20名
当座:あり
税金:消費税 滞納中 500万円
仕入先への未払い:600万円
金融機関:1億2000万円
決算内容:債務超過

■金融機関の融資の支払いもリスケジュール中

======================

ファクタリングアパレル業東京都

K社長様が、弊社にお越しいただいてお話を伺いました。

すると、支払いを早急にしなければ仕入れがストップして

しまうかも、とのことでした。

 

とある工場への支払いが320万程あり、先月から待ってもらって

いるので早急に対応したいとK社長様からの希望でした。

 

K社長様も弊社に辿り着くまでに、

政策金融公庫や取引しているメイン銀行、

そしてノンバンク系にも打診したそうですが、

どこも断られてしまったそうです。

 

K社長様は凄く気の弱そうな方で、

この様な状況になってしまった理由を教えて頂きました。

 

すると、今年5月くらいに資金繰りで少し困っていたところ、

知り合いの紹介で、某ノンバンクを紹介してもらったそうです。

そこで、【合保証】なら融資が可能とのことで、

話を進めたそうです。
※この時点で、K社長様は【合保証】を理解してませんでした。

借入にあたり、全く知らない社長さんを紹介されて、

お互いに、300万円づつ手形を

そのノンバンク宛に振り出してくれとのこと。

不審に思ったが、相手の社長さんは誠実な感じで悪い感じも

しなかったので、信用できると思ったそうです。

まず、300万円分の手形を一枚、そのノンバンクの担当に

振出して、更に別の300万円分の手形を一枚を

その相手の社長さん宛に振出して裏版を押してもらいました。

K社長自らも相手から振出された手形に裏版を押したそうです。

その後、契約書に書かされてハンコを押され、

そして、手元に300万円から手数料を40万円程引かれた

金額を渡されたそうです。

その相手の社長さんも同じように同額を受け取っていました。

K社長様は仕掛けが良くわからずに、300万円の小切手を

2枚も振出してしまった事に不安だったそうです。

 

3週間ほどして、そのノンバンクから連絡が入りました!

なんと、【合保証】の相手のあの誠実そうな社長さんが

不渡り倒産したそうです!

K社長様は驚いたそうです。

しかも、それだけでは無かったのです。

ノンバンクの担当:「社長、分かってるよね?
あの社長が倒産したから、裏書分の手形もK社長が保証して
ウチに支払うんだからな!」

と言われたそうです。

K社長様は、全くの想定外だったそうでしかも、間髪入れずに

600万円の支払いが回ってきたそうです。

慌ててましたが、何とかしなければと支払先や一部従業員、

そして自らの貯金や身内に頼み込んでなんとか、600万円を

当座で落とすことが出来て、ギリギリ助かったそうです。

 

しかし、アパレル業とは剥離多売の世界!

その金額をスグには埋める事が困難でした。

 

私も、昔アパレル業に携わった経験がありますので、

利益をスグに上げる事はなかなか難しいのです。

 

なんとか頭を下げながら、やりくりしてきましたが、

先日、仕入れをしている工場から督促がきてしまったそうです。

K社長様も、従業員達の為に会社を潰す気は全くなく、

逆に凄く感謝をされておりました。

 

K社長様:「従業員達がいなかったら、今の自分は無い!」

 

と、自分にも響いて込み上げてくるものがありました。

一通り、書類関係も全て確認出来て、現状を把握する事が

出来たので、何とか資金繰り改善のご提案を考えて、

K社長様と話ました。

 

K社長様からも何とかお願いしますと、誠実で真面目な感じが

凄く印象に残っていました。

 

その後、一度会社に戻って頂き分からない事や教えて頂きたい

事も、K社長様も忙しい中、丁寧にご対応頂けました。

そのお蔭で、本来状況的に厳しかったところも、

高額買取にて、K社長様の必要としている金額が見積書にて

なんとかご提示出来ました。

2社間ファクタリング東京都アパレル

 

 

 

 

 

K社長様も資金繰りでの解消出来たことに喜んでおられました。

しかし、私からしますとまだまだ油断は出来ない状況で、

他にも改善しなければならないところが多々御座いました。

K社長様にはさらにコンサルティングにての契約のお話を

させて頂き、来年に向けての資金繰りの提案と共に

コンサルティング契約させて頂きました。

弊社では、ファクタリングでの資金繰りの提案とは別に、

サポートさせて頂く体制を強化しております。

なにかお困りな案件等御座いましたら、

下記までお気軽にご連絡下さい。  小野より。

過去のアパレル業その①はこちらから

過去のアパレル業その②はこちらから

事業資金 ファクタリング
ファクタリング
事業資金調達山梨県