先出しの資金ショート!2社間ファクタリングにて資金調達!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

静岡県某市 建設業 A社長様
【資本金】1000万円
【従業員】社員:5名 パート:2名
【先月の月商】1300万円 売掛先10社
【借入】銀行:3行 7000万リスケ中
【税金】税金:200分納中 社会保険:完納
【希望金額】200万円
【その他】赤字決算・リスケ中で融資が出ない状況

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

税理士法人様からのご紹介でした。
A社長様よりご連絡を頂き、ヒアリングをさせて頂きました。

2期連続で赤字になってしまい、銀行融資の返済をリスケジュー
ルして支払の圧縮が出来るところはして、資金繰りを税理士の先
生としてきたそうです。
しかし、年度末に向けての工事が慌ただしくなり、予想以上に仕
事が受注出来てしまったそうです。それにあたり、先出しの資金
がどうしても必要となり、税理士の先生に相談したところ、ファ
クタリングなら資金調達が出来るのではないかとの話から、イン
ターネットで調べて、弊社に問い合わせを頂きました。

簡易ヒアリングさせて頂いた後、必要書類を用意して弊社に来社
していただく流れになりました。するとA社長様は初めてだから
という事で、税理士の先生も同席させて欲しいとのことでしたの
で、問題ありませんよとお伝えし、3日後、A社長様は税理士の
先生と一緒に、弊社までご来社いただきました。

ご面談時に、A社長様と税理士の先生が同席くださいました。
少し緊張したのは言うまでもありません(笑)
先生からすると、約2年程資金繰りも含めA社長とやってきて、
少しづつ売り上げも上がってきている状況とのことでした。
ただ、先生もA社長様もファクタリングを全くやったことがない
ので、どういうふうに契約するのか?どのような契約書になるの
か? を事細かくご説明しご面談を進めさせていただきました。

必要書類をお持ち頂いておりましたので、書類の確認及びヒアリ
ングをさせていただいて、翌日にはお見積書にてご提示出来るよ
う頑張りますと伝え、帰社いただきました。

今回は、税理士の先生も同席いただいており、必要書類は全てご
用意くださいました。また、不明な点などを伺っても全く問題な
い感じでしたので、お見積りの手続きまでスムーズに進むことが
出来ました。
翌日、朝一にお見積書にてA社長様へご提示させて頂きました。
すると、先生に確認して折り返しご連絡をいただけるとのことで
した。1時間後には、A社長様から先生とも相談し計算した上で、
今回はこれで問題ないとのお返事をいただく事が出来ました。

スグに、契約書の製作手続きにはいり、夕方にA社長様のところ
へ契約書をお持ちいただき、無事に契約となりました。

※契約が夕方だった為、A社長様への契約実行は翌日朝一の流れ
になりました。

今回は、売掛債権3社で550万円を買取り対象とさせていただ
き、最初のお見積書のご提示させて頂いたのが、約350万円の
実行額でした。しかし、A社長様から約210万円で大丈夫との
ことでしたので、再度見積書をご提示し承諾をいただきました。

A社長様は売掛債権の売買にあたりの費用を気にされておりまし
たが、今回買取対象とさせて頂いた売掛先様それぞれで異なり、
3社の合算で約17万円でした。
A社長様からは次回は、もう少し安くなると助かるな~とのチク
リとしたプレッシャーを感じながら、ご契約させて頂きました(笑)

A社長様も税理士の先生も、分からない部分や不安な部分もある
ものだと実感し、今後はそれらを払しょくできるよう頑張ります。

どんなことでも、まずはお気軽にご連絡いただければと思います。