売掛金買取の決済代行専門商社

株式会社トップ・マネジメントです。

 

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

おかげさまで弊社は今年創業7周年を迎えます。

一企業の努力だけではカバーしきれない流れの中にあって、

あらゆる業種の企業様が非常に厳しい状況に直面しています。私

たち社員一同も、「お客様のお役に立つ!」という基本に立ちかえって、

地道に、ひとつずつ、目の前のできることから取り組んで参りたいと存じます。

本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

 

零細中小企業様 新規事業主様

各企業様が抱えている売掛債権を、即日資金化致します!

 

事業資金の資金調達には融資以外での方法が御座います。

 

それは、弊社ファクタリングサービスです。

 

資金繰りするにあたり、融資において懸念される材料である、

信用情報借入上限金保証人担保設定税金未納

赤字債務超過安定した入金・過去情報

これに、基づく点数表記が各金融機関にて設定されております。

 

融資を申し込んで、断られたケースがあるかと思います。

しかし、社長様からしたら融資を断られた理由が明確にならない

ので、解決改善には全くなりません。

 

大概、社長様は融資が出なかった理由を把握しておりません。

なぜならば、金融機関からは理由を教えてもらえないのです。

それは致し方ないのです。

 

しかし、融資で断られたからと資金調達を諦める必要はありません!

弊社の行っているファクタリングサービスでは【 融資 】とは

【 審査基準 】が全く異なります。

弊社の【 基準 】は、お申込み頂いたお客様の【 与信調査 】

では御座いません。

売掛先様の【 与信調査 】を重点にしているので、金融機関にて

断られた方でも、弊社では全く関係ないのです。

 

だから、弊社でのファクタリング契約における

【 契約成約率が95.7% 】

を超えるお客様が事業資金資金調達をおこなえております。

 

ファクタリングには主に2種類の方法が御座います。

 

一つ目は、【 2社間ファクタリング 】

売掛先様に知られずに資金調達が可能となります。

周りに資金調達している旨が知られてしまうと、風評被害において

今後の仕事の支障が出てしまう!このケースの場合には、こちらの

2社間ファクタリングサービスがおススメです!

スピードにおいても、即日資金調達での対応が可能です。

 

二つ目は、【 3社間ファクタリング 】

売掛先様と弊社とそして御社とで話し合いの基でのご契約になります。

売掛先様の承諾を頂く形になりますので、スケジュール調整に

それぞれお時間を頂く事が御座います。

(例1)印刷業のお客様のケースは元々の支払いサイトが長い

傾向があり、3ヶ月サイトの支払いサイトを、弊社が間に入る事により、

1ヶ月に短縮しての資金調達を期間を決めてファクタリングします。

すると、継続的に支払いサイトの短縮が行えることになります。

 

上記のように、弊社ではお客様の状況に応じての資金調達における

ご提案をさせて頂いております。

年末年始にて、思わぬ出費が出てしまったなど、資金需要が

御座いましたら、お気軽にお問合せ下さい。

今年もより一層、お役立て出来る様に精進してまいりますので、

宜しくお願い致します。

ファクタリング売掛金買取センター