売掛金買取センター(株式会社トップマネジメント)には、商工ローンからの融資を受けている企業の方も多数相談にいらっしゃいます。
ファクタリングは融資ではございませんので、一番重要なのは売掛先の売掛債権のみです。
ファクタリング契約対象なのか自己判断して申し込みを躊躇されている企業経営者様がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせください。

商工ローンから借り入れがあっても、任意整理は可能なのか?

借入の中に商工ローンの物がある場合には、一般の業者よりも和解による解決は難しいとされています。しかし相手が商工ローンとはいえ、任意整理を免れないといったことはありません。難しいとされている理由として、第一に商工ローンでの債務には担保や保証人といった契約条件が複雑である事。
第二に、高利で借りている場合が多いので、任意整理の手続きを行っても、支払いを継続することが出来ず、結局自己破産を選択する場合も少なくないことが挙げられます。しかし債務の条件によっては、任意整理によって過払いの返還請求や、すでに元金がほとんどないといってケースもありますので、本当に自己破産を選択すべきなのかを、十分検討する必要があります。
このような適切な債務整理の選択には、専門家の意見を聞きながら行うべきですが、腕のいい弁護士と呼ばれる人たちも、一概に最善の方法を取っているとは言えません。彼らの中には面等な交渉や手続きを行わずに、簡単にお金儲けをしたいと思う人もいますから、自己破産以外の方法で債務整理はほとんど可能性はない、と断言してしまうこともあります。
自己破産は絶対悪というわけではありませんが、そのイメージの悪さから避けたいと思う人も多いでしょう。このような場合には、債務整理ついて経験の豊かな債務整理の専門家に相談することをオススメします。