国内製造業 脱中国で国内回帰が鮮明 TDK、中国生産の3割を国内に切り替えへ

中国生産を続けてきた日本企業が国内生産に切り替える動きが広がってきた。電子部品大手のTDKが、中国で生産する部品の3割を段階的に国内に移管する方向で検討に入ったほか、パナソニックも縦型洗濯機や電子レンジを国内生産に順次切り替える。円安の加速や人件費の高騰で、中国生産のメリットは低下しており、地方創生を掲げる政府にとっても、企業の国内回帰は追い風となりそうだ。

TDKは、中国で25の主要生産拠点を持ち、売上高全体の4~5割程度が中国生産とみられる。このうち、スマートフォンや自動車向け電子部品の生産を順次国内生産に切り替える。

同社によると、中国の工場での従業員の定着率が落ちているほか、人件費も高騰している。こうしたリスクを軽減するため、秋田県や山梨県にある既存工場の遊休施設を活用する方向で検討している。

パナソニックも、中国で生産し日本で販売する家電を国内生産に順次切り替える。縦型洗濯機を静岡県袋井市の工場、電子レンジを神戸市の工場に生産移管する。すでに家庭用エアコンなどは滋賀県草津市の工場への移管を一部で始めている。

同社は中国を含め海外で生産する家電約40機種を国内に切り替える方針だが、その背景には円安の影響がある。現在の為替相場は1ドル=120円前後の水準だが、海外で生産した製品を輸入すると採算がとれず、業績面での減益が避けられないという。

一方、シャープの高橋興三社長も6日の記者会見で、テレビや冷蔵庫の生産の一部を栃木県矢板市や大阪府八尾市の工場に移す方向で検討を始めていることを明らかにした。高橋社長は「1ドル=120円で(国内生産に)移した方がよいものは出てくる。工程数の少ないものから移したい」と述べた。

このほかには、ダイキン工業が家庭用エアコンの一部生産を中国から滋賀県草津市の工場への移管を完了した。ホンダも国内販売する原付きバイクの一部を熊本県大津町の工場への移管を検討中だ。

国内生産は海外に比べ、工場の電気代がかなり高いという課題も残るが、かつて多くの製造業が海外生産に踏み切った最大の要因である過度な円高は解消された。今回の国内回帰の動きは、地方で新たな雇用を生み出す可能性がある。

 

 

昨日、発表されたニュースについて

大企業様は世の中の流れ(円安の動きなど)に合わせ、

計画を変更して、リスクの軽減や利益の向上につなげる事が

可能ですよね?

 

しかし、零細中小企業様はどうすれば良いのでしょうか?

2年という短期間急速円安進み、製造業や小売業の

企業様は海外から材料を仕入れて、製作または販売しても、

コストと利益の比率が合うような状況では無くなってしまいます。

弊社にご相談に来て頂いた社長様もこれだけ短期間で

円安に進んでしまうと、とても対応しきれないとのことでした。

 

このタイミングでは、金融機関へ融資を申し込んでも、

貸し渋りの傾向が強く、時間が掛かってしまい、事業資金の

資金調達が間に合わないのです。

 

そんな時には、企業様で抱えている売掛債権を弊社が

買取る事により早期資金化をし、社長様もお手元へ

資金をご用意いたします!

 

メールでのお問い合わせは → コチラから

電話でのお問い合わせは下記からご連絡下さい。

売掛金買取センターの製造業報酬債権買取01