皆様こんにちは、今週は卒業式シーズンのようで、

私も若いころの青春時代を、思い出す今日この頃ですが、

皆様は如何お過ごしでしょうか?

 

本日3月26日は「カチューシャの歌の日」だそうです。

カチューシャの唄

 

 

 

 

 

 

1914(大正3)年のこの日、

島村抱月と松井須磨子が起こした芸術座で、

トルストイ原作「復活」の初演がありました。

このとき松井が歌った劇中歌が「カチューシャの歌」です。

当時、この歌は大流行し、一世を風靡しました。

カチューシャとは、ロシアでは一般的な女性の名前です。

 

他には

 

楽聖忌

1827年、ドイツの作曲家ベートーベンが

ウィーンの自宅で亡くなりました。

ベートーベンは多くの交響曲を作曲し、

「楽聖」と呼ばれました。

3日前、甥のカールを唯一の相続人にするように遺言書を補足し、

「諸君、拍手したまえ。喜劇は終ったのだ」

という有名な言葉を呟きました。

29日の葬儀には2万人の市民が参列し、

宮廷歌手が棺を担いでフンメルら弟子たちがそれに続きました。

がありました。

 

さて本日のお客様は、埼玉県某市で電気工事業を営むA社長。

電気工事

 

 

 

 

 

 

金策の為、Webで当社を観ていただき申込みくださいました。

<><><><><><><><><><><>
埼玉県 某市 電気工事業 A社長
月商:          1500万円
従業員:           10名
借入:銀行3行    1億4000万円
税金:消費税・法人税  滞納350万円
社保:         滞納170万円
<><><><><><><><><><><>

A社長は、3月25日に問い合わせをいただき、

当日の夕方にご来店くださいました。

 

お話を伺うと、入金ずれが発生してしまったため、

当日の25日に支払う給料分が、丸々不足してしまったらしく、

急遽資金調達をするために、金策されているようでした。

 

取引先は、主に4か所あり、

入金日は5日、10日、25日、末日とあるようでしたが、

今月の25日に入金される取引先様への請求日が、

毎月月末なのですが、

先月末の請求分をうっかり月明けになってしまい、

その請求分が、4月25日支払い分に回ってしまったようでした。

 

取引先様は大手ゼネコンで、無理を聞いてもらえ無いようで、

A社長は困っておられました。

 

当社で買い取るに当たり、

取引先様への与信は問題なく通りましたので、

A社長へ希望契約を伺ったところ、

2社間ファクタリングを希望されましたので、

それに合わせた利用条件を確かめさせていただきました。

 

銀行への返済は、リスケジュールはされておりますが、

支払いそのものは、遅れなくされておりました。

 

外注費や材料代に関しても、遅れなく支払いされておりました。

 

税金と社会保険料に対しては、社会保険の担当の方に、

支払いのことで厳しく言われておられるようでした。

 

税金への滞納分は、毎月10日に5分割で70万円づつの、

支払いをされておりました。

 

社会保険の滞納分ついては担当の方と話はされていて、

今後は滞りなく支払う旨の、取り決めもされておりましたので、

何とか稟議を通し、見積書を出させていただきました。

 

A社長も見積もり内容に満足頂き、

昨日無事に、契約させていただきました。

 

当社へ申し込むのも不安な方もいらっしゃると思います、

そのような方は、是非一度、遊びに来てください!

当社は笑顔の絶えない明るい会社です。

来ていただければ不安も払しょくされます。

 

企業様が信頼してご利用できるファクタリングなら

トップ・マネジメントではないかと思います。

 

事業資金や資金調達のご相談や問い合わせ心よりお待ち申し上げます。

 

当社のホームページ  ⇒ こちら
メールのお問い合わせ ⇒ こちら

保証人不要の事業資金調達