売掛金買取センター(株式会社トップ・マネジメント)では、

売掛債権回転率が一般的に低い業種=法人相手BtoBの事業を行っている業種

例えば、建設業、運輸業、卸売業、製造業などの手形決済がよく行われる業種
の経営者様の売掛債権買取を実行する傾向が高いです。

一般的に60日~80日と売掛債権の回収期間が長期間にわたるものを
売掛金買取センターが買取って、資金調達のお手伝いをしております。

逆に売掛の相手先が消費者のBtoCのビジネスの場合も
ケースバイケースですが対応可能です。(飲食業や小売業など)

一度、下記の式に従って売掛債権回転率を計算されてみてください。
どうしても業界の慣習上、売掛債権回転率は相手先企業があるので
自己努力では改善できないものです。

そういった時にファクタリングを利用いただくことで、資金調達を数日で可能にし
短期の事業資金繰りを行うことができます。
ファクタリングの利便性を実感いただけます。

関東圏に限らず、北は東北青森から南は九州鹿児島まで
ファクタリング対応地域としております。

0120−53−6611

無料相談窓口までお問い合わせください。

iFinanceより

読み方: うりかけさいけんかいてんりつ
英語名: Receivable Turnover Rate
分類: 財務・会計|財務分析
売掛債権回転率は、「売上債権回転率」とも呼ばれ、会社の売掛債権の回収がどの程度効率的に行われているかを示す比率をいい、会計年度期間中の売上高を売掛債権で割ったものをいう。これは、売掛債権が一定期間内に何度回転しているか、すなわち売掛債権が平均して何度支払われているかを表すものでもある。

売掛債権回転率は、売掛金や受取手形(割引手形を含む)などの売掛債権がどれくらい早く現金化されたかを見る、経営の効率性分析の指標の一つである。一般にこの回転率が高いほど、売上から実際の回収までの期間が短いか、現金販売の割合が高いかなどで資金回収の効率性が高いことを示す。一方で、この回転率がこれまでと比べて悪化している場合は、売掛金の長期滞留などで回収管理がうまくいってない可能性もあるので注意が必要である。

・売掛債権回転率=売上高÷売掛債権





売掛金買取センターの無料相談

売掛金買取センターの建設業、運輸業、卸売業、製造業向けファクタリング対応地域(日本全国45都府県が対象)

売掛債権買取東北(ファクタリング青森、ファクタリング岩手、ファクタリング宮城、ファクタリング秋田、ファクタリング山形、ファクタリング福島)
売掛債権買取関東(ファクタリング茨城、ファクタリング栃木、ファクタリング群馬、ファクタリング埼玉、ファクタリング千葉、ファクタリング東京、ファクタリング神奈川、ファクタリング新潟、ファクタリング山梨)
売掛債権買取中部(ファクタリング長野、ファクタリング岐阜、ファクタリング静岡、ファクタリング愛知、ファクタリング三重)
売掛債権買取北陸(ファクタリング富山、ファクタリング石川、ファクタリング福井)
売掛債権買取近畿(ファクタリング滋賀、ファクタリング京都、ファクタリング大阪、ファクタリング兵庫、ファクタリング奈良、ファクタリング和歌山)
売掛債権買取中国(ファクタリング広島、ファクタリング岡山、ファクタリング山口、ファクタリング鳥取、ファクタリング島根)
売掛債権買取四国(ファクタリング香川、ファクタリング徳島、ファクタリング愛媛、ファクタリング高知)
売掛債権買取九州(ファクタリング福岡、ファクタリング佐賀、ファクタリング長崎、ファクタリング熊本、ファクタリング大分、ファクタリング宮崎、ファクタリング鹿児島)