売掛金買取センターのファクタリングに関するご相談先

0120−53−6611

ファクタリングと対比されるものに売掛金担保融資というものがあります。

売掛金担保融資とは、中小企業の会社が取引先の企業に対して、有している売掛金を担保とした融資のことを売掛金を売掛金担保融資と呼びます。

この売掛金担保融資のメリットとしては、売掛金の回収を待つことなく、前倒しして売掛金を資金化することができるようになったり、毎月の資金調達が簡単に行えるなどのメリットがあります。そのほかにも受注増による資金不足を解消してくれたり、大型の調達が可能となります。

この企業が持っている売掛金を担保とするためには、金融機関に対して売掛債権を担保として譲り渡さなくてはなりません。

この売掛債権を担保として譲り渡す方法としては、売掛債権の譲渡に関して売掛先から承諾を得ること、そして次に売掛債権を譲渡したことを売掛先に通知すること、最後に金融機関に対して売掛債権を譲り渡したことを法務局に登記します。そしてそれを金融機関が必要だと判断をした時点で売掛先に通知をします。

方法はこの3つがありますが、融資に関してはデメリットもあります。そのデメリットとは売掛先に担保したことが分かってしまうことです。

始めの売掛債権の譲渡に関して売掛先から承諾を得ることと、売掛債権を譲渡したことを売掛先に通知することを行ってしまうと、周りに「あの会社は資金繰りが苦しい」と思われる可能性があります。

しかし最後の金融機関に対して売掛債権を譲り渡したことを法務局に登記する方法であれば、債権譲渡登記事項概要ファイルに記録はされますが、売掛先に伝わる心配はありません。