おはようございます。
本日は肌寒いですねぇ。
私は今週風邪気味の為、悪化しないように気を張っております。
皆様も風邪をひかぬよう御自愛ください!

先日は新規のお客様の面談で沢山の社長様にお会いさせて頂きました。
弊社を資金調達先に選んで有難うございます!(^-^)

ところで先日の面談中に感じた事があります。
それは、どの社長様も御自身の会社のネガティブな部分を気にされていて、
ファクタリングにより事業資金を使いたいが本当に買取してもらえるのか半信半疑で来店されているなぁと。

「債務超過だけどほんとに買取してもらえるの?」

「ウチは3期連続赤字なんだけど大丈夫なの?」

「税金分納してるんですが買取出来るの?」

「実は闇金を使ってるんですが大丈夫ですか?」

「保証人とか本当に必要ないんですか?」

まぁ皆さん弊社と初めて取引するわけですから不安があるのも当然わかります。
弊社の業務はお客様の売掛債権を買わせて頂く事です!
弊社が行う3社間ファクタリングでの与信調査はあくまでお客様ではなく、売掛先なんです!

どうしても3社間ファクタリングが難しいお客様には、2社間ファクタリングをご用意させて頂く場合もございます。
2社間ファクタリングの場合はお客様の内容も与信に影響しますが、これだけはお伝えしておきますね!

債務超過?(弊社と現在取引している半数のお客様は債務超過です)

3期連続赤字?(弊社と現在取引しているお客様の内約4割の方は赤字です)

税金分納?(弊社と現在取引しているお客様の内7割の方は税金分納中です)

闇金利用?(闇金自体が違法ですので返済する必要がございません。場合により弁護士もご紹介出来ます)

皆様が弊社に辿り着いたいきさつは様々だと思いますが、
まず皆様は弊社に申し込みをする前に銀行やノンバンクへ融資による資金調達をお考えになった事でしょう?

銀行やノンバンクで行う「融資」を受けるにあたり上に書いたような
「債務超過」や「赤字」や「税金滞納」や「条件変更中」等の
ネガティブな部分で棄却された方がほとんどではないでしょうか?

融資とファクタリングでは審査基準が根本から違います。
今のご時世、銀行もリスクを取りたがらない為、内容が芳しくない企業に事業資金を融通しませんし、
条件変更等行っているとさらに厳しい見られ方をされてしまいます。

しかし、我々は銀行等とは違った見方で貴社を評価させて頂きます
銀行が断るような内容の企業様でも、きちんと仕事をこなし売掛債権を確立されておられれば、
弊社は正当に評価させて頂きますよ!

現在弊社を利用中の約7割の企業様は銀行やノンバンクの行う「融資」の審査にはじかれてしまった方々です
しかし、弊社を知り、申し込んでみたら事業資金を手にする事が出来たわけです!
「資金調達方法は融資」この考え方はもう古いのではないでしょうか?

これからは「資金調達方法はファクタリング」になっていくでしょうね!!

銀行さん、融資の蛇口閉めてばかりいると、ファクタリングにお客さん持ってかれちゃいますよ~!!

売掛金買取センター