おはようございます。
今日は雨でございますが、皆様体調を崩さぬようお気をつけください。

本日は、売掛金買取センター((株)トップマネジメント
ファクタリングの審査の基準について少しお話しようと思います。

売掛金買取センターにお客様からのお問い合わせで一番多いご質問として、

「うちは赤字決算だけど、ファクタリングしてもらえるの?」
「債務超過なんだけど私の会社は対象になるんですか?」
「取引銀行が数社ありそれぞれの銀行に借り入れがあるんだけど、
全部リスケジュール(条件変更)してもらっているんですが、御社でファクタリングは難しいですか?」

などなど、皆様ご自身の会社でファクタリングしてもらえないのでは?
といった先入観をお持ちの経営者の方が多いなといった印象です。

通常、銀行やノンバンクから資金調達する際は、
融資を受けその資金を運転資金として利用しますよね?

融資を行う側(銀行やノンバンク)は審査の時、
お客様の決算内容が赤字か黒字なのか?
債務超過になっていないのか?
といった点を重要視していますよね。

また銀行からの長期・短期融資をリスケ(条件変更)している場合、
新たに他行から資金調達しようと思ったら、まず貸してもらえません。

ノンバンクも上記の状態で借りに行こうと思ったら、
まず間違いなく第三者保証人を求められたり
不動産などの担保を要求されるケースがほとんどです。

売掛金買取センターの行うファクタリングは売掛債権をお客様の保証なしで買い取らせて頂く業務です。
いわゆる償還請求権の無い(ノンリコース)ファクタリングでございます。

したがってお客様の取引先が倒産してしまった場合、
リスクを被るのは売掛金買取センターになります。

審査の基準としてお客様の取引先の状態を一番重要視しております。

ですからお客様の決算内容が赤字だろうと、
債務超過だろうと、リスケジュールしていたとしても全く気にせず審査致します。
(二社間売買を弊社に依頼された場合は少し変わりますが)

弊社では頼むのがわずわらしい保証人を求める事もないですし、不動産担保も求めません!
ただお客様が自信を持って仕事をした成果を買い取らせて頂くだけです!

赤字だろうが
黒字だろうが
債務超過だろうが
リスケジュールだろうが
何でもいいんです!!
しっかりしている売掛先と
お取引さえされていらっしゃれば!!

融資に比べると弊社のファクタリングはとても敷居が低いです!

弊社のお客様で当座預金をお持ちのお客様が最近不渡りを出してしまいましたが、
引き続き継続してご契約させて頂いております。

皆様が事業資金を調達しやすい環境を整え、
いつでもご連絡お待ちしております。

売掛金買取センター 株式会社トップマネジメント