資金調達のプロ

今日は、あまりない実例です。

弊社のHPを見て頂き、お問い合わせ頂きました。

【大阪府 大阪市 建設業のお客様】

弊社の簡易申込書に書いて、FAXを頂きました。

 

=============================

月商:約2000万円
従業員:10名
当座有り
借入:金融機関 4500万円 ※条件変更中
税金:社会保険料 分割中 残800万円
売掛先様:9社

==============================

 

折り返し連絡をさせて頂いたところ、

経理の方が対応して頂きました。

なんでも、社長様は出張が多々あり、

経理と事務系は一任されているとのこと。。。

 

急ぎで必要との事で、お話を伺うことに。

 

実は、材料屋さんに支払を待ってもらっているとのこと、

10日に250万円を支払う予定だったのですが、

資金がショートしてしまい、支払いが出来なかったそうです。

必要書類などを伝え、弊社に来て頂く事に。。。

 

【面談の日】

当日、経理のEさんだけがいらっしゃいました。

私から、N社長様はいらっしゃらいのですか?

と伺うと、N社長様は来ない!と

とりあえず書類関係と状況を伺うことに。。。

経理のEさんは、N社長様に一任されているのもあり、

今まで資金繰りを、あちこち当たりながらしていたそうです。

 

先月、東京のとあるファクタリング業者を利用した際に、

その業者に債権譲渡登記の話しを出されたが、銀行融資の

申請をしているところだったので、断ったそうです。

 

しかし。。。

 

登記は入れられておりました。

弊社にて発覚したのですが、経理のEさんは

顔面蒼白になってしまいました。

 

とりあえず、話をして経理のEさんを落ち着かせ、

今後、どのようにするのか?

話をさせて頂きました。

 

仕方なく利用してしまったファクタリング業者は

良くない噂が絶えない業者との話を聞いた事があった為、

N社長様に電話にて私から事情を話をし、急遽後日改めて、

お話を伺う形をとりました。

 

後日、N社長様と経理のEさんと共に来て頂いて、

現状をどうするのか? 話し合いをさせて頂きました。

 

3つの問題があったので、

解決する為の方法をご提案させて頂きました。

 

すると、支払が遅れていた材料屋さんがN社長様から

事情を説明したら、月末まで支払いを待って頂ける

事になりました。 一つ解決です!

 

ファクタリング業者は、支払い期日に支払い、

スグに債権譲渡登記を外してもらう、手筈を

経理のEさんが行い、また一つ解決しました。

 

最大の難関である、融資の件ですが、

現状で、税金の滞納分が200万程あったので、

それを弊社にて穴埋めし、融資に繋げるにあたり、

懸念材料がないかをN社長様と経理のNさん含め

私と3人で再三話し合いをさせて頂きました。

 

話し合いで出た段取りで、弊社が、2社間ファクタリングにて、

税金分を補てんする流れをご提案し、ご納得頂きました。

 

その後、弊社から2社間ファクタリングを実行し、

税金分を穴埋めし、融資も少し減額されたそうですが、

1200万円実行してもらったそうです。

N社長様も経理のEさんも、しばらく切り抜けられると

喜んで頂きました。

 

経理のEさんも行き詰りながらも、会社の為にと

頑張っておられましたので、一人で抱え込んで

しまってたみたいでした。

 

弊社では、どのような案件でも、可能な限りご提案させて

頂いております。 お気軽にお問合せ下さい。

 

事業資金 ファクタリング
ファクタリング
事業資金