こんにちわ 。・∀・)ノ゛ コンニチワo

 

今日は、昨日お電話にてご相談頂きました、

大阪府 大阪市

運送業H社長の所へ出張してきました。

 

事前に会社の状況をお電話にてヒアリングさせて頂いておりまして、

設立30年
資本金2500万
月商:8000万
従業員:60名ほど
トラック所有台数:60台
銀行借り入れをリスケジュール(条件変更※返済を一時的に金利
のみだったり、減額して支払っていく方法)している状況。
税金が、前任者からで正確な数字が分からないが、社会保険料で
約1500万、消費税及び法人税で約1500万あるとのこと。
社会保険事務所と国税局とは話はしているが、その都度支払って
いる状況とのこと。

 

瞬間的なキャシュフローが厳しい時は、知人や親族から資金調達
して、なんとか資金繰りをしておりました。

 

今回、当社へご相談して頂いたのは、資金繰りをするにあたり、
周りに声を掛けづらく自分で何とかしなければと、WEBで当社
のHPを見てご連絡頂きました。

 

私がH社長様の元へお伺いしたところ、H社長様と経理担当の方が
書類を準備頂いており、待って頂いて下さいました。

 

私が会社及び所有しているトラックを見たところ、凄くキレイに
手入れがされており、資金繰りに困っているようには全く見えな
かった事に驚いたのが第一印象でした。

 

会社の状況を改めてヒアリングさせて頂いたところ、前任者の
代表がいる頃に、現在の税金関係の滞納が既にあったそうです。
会社を引き継いだ後で、滞納金額が多額な為、金融機関と話し合い
今後の状況も踏まえ、返済のリスケジュールを申請したそうです。

本当は、H社長様的にはリスケジュールではなくて、
融資を受けたく話をしたそうですが、全く聞き入れて頂けなく、
半ば強引にリスケジュールの話になってしまったそうです。

 

現状で、金融機関からの融資はどこからも
受けられなくなってしまいました。
※この頃あたりから、勝手に融資に関するFAXが
毎日届くようになったそうです。

 

ヒアリングや資料を元に、税金関係は国税局と話をしながらです
が毎月支払っており、金融機関のリスケジュールも遅れなく支払
っておりました。売掛は30社近くありましたが、経理の方が
入出金状況の分かる請求書・売掛一覧表・通帳を分かり易くご説明
頂きまして、審査部に話を持って行くにあたり、迅速に手配が
出来ました。

今回、H社長様は大至急資金調達しなければならない訳では
なかったのですが、当社をご利用する際は
2社間ファクタリングを強く希望されておりましたので、
当社をご利用した際の条件面(実績に伴い費用が安くなる旨)
などを説明し、ファクタリング自体初めてのことなので、
小さい金額の250万円ほどを2社間ファクタリングにて、
お付き合い頂くこととなりました。

 

H社長様、経理担当の方も「必要な際には相談するので、
お願いします。」とお礼を頂きましたので、私も「精一杯
頑張ります!」とお伝えさせて頂いて、帰社致しました。

今回の事例のように、至急での資金需要がない方からも沢山の
ご相談を承っております。 その都度、お話を伺って
当社が出来るベストな提案をさせて頂いておりますので、
お気軽にお問合せ下さい。

事業資金 ファクタリング
ファクタリング
事業資金