小売業は卸販売が主流となり、売掛金の発生が多くなる傾向があるようです。そのため、取引業者の経営状態が悪くなって、買掛金が支払うことが出来なくなってしまうと、そのまま経営に響くことになります。これを避けるには、取引業者の経営状況や支払状況をしっかりと把握して、早期の売掛金回収に集中する必要が生じるでしょう。また個人への販売をおこなった時にも、確実に代金を徴収できるように、極力代金の先払いか代金引換の形態をとるべきでしょう。

小売業の場合にはこのような売掛販売が多いことから、確実な資金回収を行うことが経営改善の第一歩となります。そのため、売掛金回収のための専門部署を持つことも経営改善のために必要な要素となります。しかし、個人が相手になりますと相手が支払いに応じてくれないことはよくある事です。また一人ひとりに粘り強く交渉していくことは、とても困難なことも予想されます。このような事を想定して、専門のサービサーとの契約や、顧問の弁護士を持つことも視野に入れる必要があるでしょう。

小売業では一つの案件の金額が小さいため、一軒一軒でこうした専門家に依頼するのは経済的ではないため、多くの案件をセットにして依頼することで、料金を安くすることもできるようです。

株式会社トップ・マネジメントでは小売業者様の資金繰り改善のためのファクタリングを実行しております。
お気軽にお問い合わせください。