おはようございます。

先日、弊社の既定の営業終了時間である、19:30頃

電話が鳴りました!

時間帯的には珍しかったので、既存のお客様からの

お問合せかと思い、電話に出たところ、

急ぎで資金調達したいとの事でした。

※イメージ図
※イメージ図

H社長様は、有限会社を設立しておりましたが、

職人気質っぽく事業資金の資金調達にあたり、

銀行以外ではどうして良いのか、全く知らなかったそうです。

知人から、ファクタリングというものを聞いて、H社長様自らの

スマートフォンにて検索したそうです。

そして、弊社がスグに出てきてご連絡を頂いたそうです。

 

話を伺うと、材料屋に支払が残っていて、支払いをしなければ、

今、建築中の材料が手に入らなく、工事が続けられないとの事。。。

大変今までは、材料屋さんとはツケをしながら、支払いをしており、

支払いが少額しか出来ない事もあったが、付き合い上何も

言われたことがなかったそうです。今回、突然支払って

もらわないとダメと言われてしまったそうです。しかし、怒って

いるワケでもないが、仕入れが止められてしまうと、H社長様も

仕事が出来なくなってしまうので、右往左往していたそうです。

===============

H社長様の概要
埼玉県 某町 建築業
月商:200~350万円
従業員:3名※他外注
借入:金融機関無し
ノンバンク 2社 250万円
税金:分割、滞納無し

===============

H社長様には、当日必要書類をお持ち頂いてご来社頂きました。

取引先様は、某大手の建築系会社様からの売掛が毎月あり、

仕事次第では、入金も上下してしまうそうです。

従業員も外注も、身内みたいな昔からの付き合いで、

ここまで頑張って来たそうです。 「ニャー!」

頑張る

H社長様からは材料屋さんへの支払いを充てたいとの事で、

45万円をご希望されておりました。

 

お持ち頂いた資料を拝見させて頂いたところ、某大手の企業様から

毎月、金額は前後するが入金はあり、それ以外に突発で引き受けた

仕事がいくつか入金がありました。

売掛となっている、仕事を完了した後の請求分として、220万円の

売掛がありましたので、そちらを買取対象とさせて頂く旨を伝えて

帰社頂きました。

 

しかし、H社長様との必要金額のやり取りの中で、金額が55万円だけで

良いとの事で、計算させて頂きました。

H社長様の手元に55万円は可能にするにあたり、

220万円(売掛金)-55万円(必要金額)=165万円(買取しない金額)

55万円の数字に売掛先様の与信情報と期間を含め評価をさせて頂き、

御見積書にてご提示させて頂きました。

H社長様は、弊社の御見積書を見て、何度も私に連絡を頂けました。

御見積書の見方からご説明させて頂きました。

契約

H社長様がご納得いくまでお話させて頂きました。

その後、H社長様もご納得頂き、契約してお振込みさせて頂きました。

今回のH社長様の意向もあり、高額買取が可能だったにも関わらず、

必要分だけで良いとの事で、少額になってしまいましたが、

2社間ファクタリングにて売掛債権の早期資金化をさせて頂きました。

握手2

弊社では、高額買取が可能な場合もありますが、最終的な

金額面は社長様との話し合いの上、確定させて頂いております。

私の過去の経験では、売掛金1000万円ありましたが、必要な金額は

80万円で良いとおっしゃっていた社長様もいらっしゃいました。

資金が必要な理由、早期資金化する理由、様々な資金調達にあたり

理由があるかと思いますが、急な入用や資金調達しなければいけない

時はお気軽に弊社までお問合せ頂ければと思います。

また、【売掛金買取センター】 と検索して頂ければ、過去の実例など

一部ですが、ご紹介させて頂いておりますので見て頂ければと思います。

 

売掛金買取センターの建設業報酬債権買取01