おはようございます。

 

年末年始での、事業資金の資金調達が困難な事を改めて

実感したのが、昨日弊社にメールにてお問合せ頂いた、

12月31~1月4日までで、お問合せ件数が38件!

現在も、一つ一つ対応させて頂いておりますが、

この短期間でのこのお問合せ件数には驚かせられました

また、電話のお問合せでも年末年始での資金繰りに関する

ご相談を多数頂きました。

やはり、年末年始ではいろいろと動きがありますね。

 

「売掛先様からの入金がズレた」との相談も多く頂きました。

一つ一つ迅速に対応させて頂きます。

建設業2社間ファクタリング事業資金
====================
長野県 某市 建設業
K社長様
月商:900万円
従業員:5名
借入:金融機関2社3500万円
ノンバンク1社150万円
税金:社会保険料200万円分納中
====================

長野駅2

 

年末からご相談を受けておりました。

K社長様は年末の入金が、取引先である1社が初取引で

初入金だった為、不安を抱いていたそうです。

そして、支払期日である年末に入金は無かったそうです。

K社長様は売掛先様へ至急連絡したのですが、

先方の社長様も資金繰りが厳しく、支払いが難しいとのこと

で年明け、1月5日まで待って欲しいとの打診があったそうです。

知人からの紹介だったので、K社長様も話を聞くしかなかった

のです。

年明けの1月5日、やはり売掛先様からの入金は無く、

連絡をしたところ事業資金の捻出が出来なく、支払いが

困難だという状況とのことでした。

 

K社長様も仕事をした分の入金が入って来なくては、コスト分

の捻出が難しい為に、弊社へご相談頂きました。

本来、発生して入る予定だった売掛金は200万円。

今度は、K社長様の元に材料屋さんや職人さんからの

連絡が来るようになってしまったとの事でした。

 

弊社に必要書類を持ってご来社頂き、お話をさせて頂きました。

K社長様は今回入って来なかった売掛先様以外にも、

毎月コンスタントに入金がある売掛先様も御座いましたので、

入金がズレない、売掛金であれば問題なく買取りする事が

出来る旨を伝えて帰社頂きました。

 

その後、スグにお見積書にて金額のご提示をさせて頂きました。

K社長様の希望されていた金額は120万円でしたが、

売掛先様とのお付き合いも古く、安定して取引をしていたので、

売掛金の高額買取が可能となり、200万円の売掛金でしたが、

170万円の買取りをさせて頂く事が出来ました。

しかし、K社長様も必要以上は大丈夫との事で、

実際に実行した金額は、130万円にて再度お見積り提示を

させて頂きました。

K社長様も年末年始で、こんなに早く事業資金の資金調達が

出来るとは思わなかったと言って頂けました。

今回は、K社長様の意向にて2社間ファクタリングにて

実行させて頂きました。

 

年末年始で思わぬ出費があるかと思いますが、その際には

弊社までご相談頂ければと思います。

2社間ファクタリングでしたら、即日対応致します。

 

売掛金買取センターの建設業報酬債権買取01