資金調達のプロ

ここで書いている資金繰り表は、ある方の総務・経理の経験
に基づいて書いています。
建設業の資金繰り表の特徴などをあげてみました。

建設業が一般会社と異なる点

・入金方法
工事代金として
工事が完成してから入金するもの(完成工事未収入金)、
役所などの契約で前受金で入金もの(未成工事受入金)、
工期が長期の場合は、出来高で入金するものがあります。
その他に、役所から発注者に入金なり、
その発注者から締日・支払日に関係なく支払われる
「取り下げ払い」として入金するものもあります。

・建設業特有の勘定科目
勘定科目に建設業特有のものがあります。
売掛金が完成工事未収入金、前受金が未成工事受入金、
仕掛品が未成工事支出金という特殊な勘定が使われています。

・立替工事費が多い
完成するまで、立替工事費が多くなります。
ほとんどの工事が完成してから入金になるからです。
逆に得意先から立替工事として、売掛代金から相殺
される工事もあります。
※資金繰りが厳しいと立替払いにてキャッシュが不足します。

・工事は実行予算という予算を組む
工事は実行予算という予算を組みます。
しかし、必ず利益が出るということではありません。
思わぬ出費において赤字工事も発生します。
※工事に関する支払いは赤字でも発生してしまいます。

・貸倒れが他の業種より多い
厳選した工事でないと、貸し倒れになる工事もあります。
建設業は業者数が最も多く、下請けとしても下請けに出しても、
両方に倒産する数が他業種よりも多いといわれます。
※請け元が倒産しても工事に関する支払いは発生してしまいます。

・工期が長期のもある
1年を超える長期工事があり、収益の計上に工事進行基準が
使われています。
※工期が長くなると、支払いサイトも長くなる傾向に!
 そして、手形での支払いが非常に多いです。

・労務費という現金支払がある。
現場作業員に対し、労務費としての現金支払があります。
※請け元から入金がまだでも支払いは待てません!

・自然環境に左右されやすい
雨降りなど自然環境に左右されやすいところがあります。
※現場が長期化する事により、検査もズレ入金もズレます。

・役所工事が多い
官公庁の国、都道府県市町村からの受注工事が多く、
前金が入金になる場合があります。
※役所からの入金は期日が都道府県市町村区それぞれで、
 入金日が明確には分かりません。

・工事をするときは契約書などを交わす
役所・民間を問わず、契約書・注文書などの契約を交わします。
※地方での小さい工事などでは、契約書がないケースもあり、
 売掛債権としての証明が困難な場合も御座います。

 

建設業の資金繰りの要点

・請求書の提出
工事が完成したら、すぐに請求書の提出しなければなりません。
指定請求書があるかどうか
締切日
請求書到着日を確認して、期限まで間に合うように
出さなければなりません。
1日でも遅れると、来月回しになる可能性があります。
※よくあるケースです。下請け側は弱い立場にありますので、
 多少のミスが大きく響く事が御座います。
工事・営業関係者と請求書提出担当者は、連絡を密にしておく
必要があります。

・支払日・支払内容の確認
間違いなく支払に計上されているかの確認が大事です。
支払案内書や電話で確認します。振込・手形・相殺の
支払内訳を聞くことも大事です。
※場合によっては勝手に相殺という案件も過去に御座いました。

資金繰り表に請求金額をまるまる入金予定として計上し、
実際に入金になったのが、立替相殺金があり、請求金額の
2分の1、あるいは10分の1になってしまっていたら、
予定の資金繰り表は意味をなさなくなってしまいます。
資金繰り表を作り直しです。作り直しで済めばいいですが、
その事実が支払日当日の午後に判明したら、
時間的に手遅れになってしまう可能性もあります。

支払案内書の内訳確認、電話での事前の確認は、
契約書・注文書と合っているかの確認もする必要があります。

例えば、契約書・注文書では半手半金となっているのが、
現金30%、手形が70%になっているかもしりません。
手形期日が120日が150日になっているかもしりません。
相殺があれば、明細をもらう必要があります。
明細をもらい、現場担当者の確認が必要になります。
立替明細は、支払確認時でなく、前もってもらうことが重要です。
一度支払いが決定したら、その月の変更はされず、
来月以降の調整になり入金がそれだけ遅れることになります。

・取り下げ入金との関係
役所からの入金(取り下げ入金)はいつになるか分からない
ということがあります。
※都道府県市町村区により入金日はバラバラです。
 役所側曰く、書類を通す部署が多くなればなるほど、入金日が
 後ろにズレる傾向が御座います。
入金は振込で、大きい金額が入金されますが、資金繰り表に
入れる時期が難しいです。

一般会社からの取り下げ払いによる入金も資金繰り表に
同じ理由で入れられません。

 

建設業では思わぬ事態になる事が他の業種と比べると、

非常に多い業界なんです。

資金繰りは困った時ほどなかなか上手くいかないものです。

事前に、資金繰りの方法を模索する事をおススメ致します。

 

弊社のファクタリングサービスは、金融機関にて融資が

断られても問題御座いません。

税金の未納、外注費の支払い遅れなどを御社の抱えている

まだ未入金の売掛金を即日資金化いたします。

お気軽に下記までご連絡下さい。

売掛金買取センターの建設業報酬債権買取01