本日は、ありえない出来事があったので、プンプンしながら
ブログを書かせて頂きます!!

当社のHPをみてお問い合わせを頂きました。
建設業を営んでいるE社長、売掛先様に知られたくない為、
3社間契約は絶対に出来ないので、御社のHPにあった2社間
ファクタリングで事業資金の調達が出来ないか?との事。

簡単なヒアリングをさせて頂き、細かくお話を伺ったところ、
大至急資金を作らなければならないらしく、お願いをされました。
E社長も自らの会社を守る為、必死なんだという事が伝わって来
て私もなんとか早急に出来る様、対応する旨を伝えました。
スケジュール確認をした際に、明日弊社に行きたいとの事で、
当日のお客様のスケジュールを確認したところ、時間割が厳しい
状況でした。しかし、E社長が一生懸命だった為、予定の入って
いたお客様に相談したところ、1人のお客様が日にちの変更を
して頂けるとの事で、なんとかE社長との面談のスケジュールを
組み込む事が出来ました。

E社長に明日面談可能だという事を伝えた所、非常に喜んで頂き
ました。そして、ご用意頂きたい書類を説明し、時間と場所そして
弊社に来社するまで案内(乗換案内及び駅からの地図)を送り
本日、面談させて頂く形となりました。

所が、時間になっても来社頂けなかったので、連絡したところ
準備に時間が掛かってしまい、少し遅れて着くとの事・・・

私の心のポエム:「あ~ この後もお客様が来るのに・・・
間に合うかな・・・ 元々予定が入っていたお客様に申し訳な
いのに・・・」

そして・・・

E社長が弊社に到着したのが、1時間20分遅れ・・・

弊社に入って来るなり、遅れてきた事には何も触れず!
面談席に案内するなり・・・
E社長談:「早く資金化してくれ!! 次どうするんだ?」

とりあえず、ん?と思いましたが弊社の説明をし来社用紙に
ご記載下さいと話したところ・・・

E社長談:「いいよ~ こんなのは~ 昨日話したじゃん!」
小野談:「はい? いやいやE社長、でも皆さん書いて頂いてる
ので、書いて頂かない事には・・・」
E社長談:「こんなのめんどくさいよ! 出してくれるの?」
小野談:「その話をする為に書いて頂かないと審査も何も出来な
いので困ってしまいます。」
E社長談:「分かったよ~ めんどくさいな~」

とブツブツ言いながら書き始めました。

ところが・・・

殴り書きで、読めない部分もあり、しかも空欄も多数・・・

E社長談:「ここまで書いたんだから出るんだろ?!」

私の心のポエム:「他のお客様にスケジュールをヅラして頂いて
この人はなんて横柄なんだろ・・・」

小野談:「E社長、これじゃ読めないし内容が全然分からない
ですよ・・・ それから書類を拝見させて頂いても
いいですか?」

E社長談:「はいよ これだけね~」

小野談:「え? E社長必要書類が全然足らないですよ!
売掛の確定している請求書もないんですけど・・・」

E社長がお持ち頂いた書類は、決算書も抜けが多く、お預かり
したい書類をコピーさせて下さいと伝えると・・・

E社長談:「え、やだよ! 今あるヤツ見てくれればいいじゃん!
なんかさ~ めんどくさいよ~」

私の心のポエム:「失礼極まりない社長だな!」

小野談:「E社長!当社はいい加減な審査をしている訳じゃない
から、書類が足らな過ぎるし審査をするにも稟議書す
ら私が作れない状態であれば、何も出来ません!!」

と伝えると、たじたじしながら

E社長談:「そんなにめんどくさいんなら、いらないよ!!」

え? 従業員の給料の未払い分を捻出したいと伺っていたのに、
事業資金をそんないい加減なものの言いぐさで対応してくる
E社長に驚きました!!

私からすると、どこの企業様も従業員が頑張ってくれているから
社長が経営の舵取りを出来るものだと思っていたので、従業員に
対して給料が遅れてるのに、必死になってくれないのなら従業員
が可哀想に見えてします・・・

社長業とはもの凄く大変な事とこの仕事を通じて、出会った社長
様達に教えて頂けたので非常に残念な思いでした。

その後、E社長にはその場でお断りさせて頂き、
書類関係も全て返して、帰ってもらいました。

当社は、真剣に社長様達の少しでもお役に立てればと頑張って
いるので、いい加減な対応されるのであれば、ご来社頂かなくて
も結構です。

その他の真剣な社長様達には、
私なりに精一杯頑張らせて頂きます。

なにかお困りの際には下記からご連絡頂ければと思います。
真剣に悩んでいる社長様、お待ちしております。

ファクタリング 事業資金
ファクタリング 事業資金