みなさん、こんにちは。

暑い日が続いておりましたが、ようやく落ち着いてきたのか
昨日今日は涼しくて過ごしやすいですね。

近年は自然災害の被害が多くて恐ろしいですね。

インフラ整備が遅れていたせいで起こったのではと言われる広島土石流災害。

民主党政権時の事業仕分けが原因でダムを作るのが遅れて
今回の災害に繋がったのではと一部で言われておりますが。

国民から血税巻き上げてるんだから、
国には本当にちゃんとやってもらいたいですね!

「何が事業仕分けだよ。天下りなんか全然メス入れてない。
結局パフォーマンスでしかない!!(`ェ´)」と思うのは私だけでしょうか?

一揆でも起こしてやらないと分からないんでしょうかね!!この国は!!(`ェ´)

ともかく、今回の広島の土石流災害で
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします。
遺族の方々や災害被害者の方々にはお悔やみ申し上げます。

 

 

さて、本日は先週インターネットを見てお電話頂いた
K社長のお話をご紹介していきます。

名古屋市内にてアパレル事業を運営されているK社長様。年商は4億円。

今回、数ヶ月前より溜まっていた仕入先への買掛け代金の支払いをする為、
7月末頃から事業資金を調達しようと動いていたそうです。

銀行はリスケジュールしているので資金調達はムリ。

ノンバンクも何社か当たったそうなんですが、
どこも保証人を要求してくるとのことで、諦めたそうです。

最後にK社長の知り合いの金融ブローカーに相談したそうです。

しかし、この最後に相談した金融ブローカーがめちゃくちゃ悪かった!!!

額面200万円の小切手3枚と額面150万円の手形を3枚づつを
金融ブローカーに渡し、
資金調達先を探してもらっていた矢先、
まず金融ブローカーと連絡が全く取れなくなり、
その数日後、預けていたはずの額面200万円の小切手が
取り立てに回って来たとの事!

しかも小切手3枚 合計金額600万も!

あせったK社長は自分の親戚全員に頭を下げ、600万調達し、
小切手の盗難届けを出し回って来た小切手3枚に対し
供託金を積んで供託に上げたそうです。

手形三枚も盗難届けを出しているそうなんですが、
現在はまだ回ってきていないそうです。

 

 

お話しを伺っていて、
資金調達の仕方がむちゃくちゃだなと感じてしまいました。

仕入先への支払いの為、資金調達していた社長が
資金調達を依頼した人間に騙されて小切手を取られ
その支払いに追われる・・・酷い話です・・・・

初めから仕入れ代金を親戚に頼めばよかったと、
K社長もおっしゃり肩を落としておりました。

 

結局、弊社にてファクタリングを実行する事になりました。

K社長の売掛先A社に対し発生している売掛債権を300万買取り、
その売買代金を仕入先に入金する事で話しがまとまりました。

しかし盗難手形がいつ回ってくるのか分からないので
K社長には引き続き、利息のかからない資金を調達しておいてもらい、
もし盗難手形が回って来ても供託出来る様に
プールしておいた方が良いと伝えました。

万が一資金がご自分で用意できない場合は、
K社長の売掛先B社とC社に発生している売掛債権を弊社が買取り、
その売買代金で供託するという選択肢もお伝えしておきました。

今回のケース、弊社のファクタリングで倒産の危機は回避できそうです。

金融ブローカー・・・
いいブローカーもいれば当然悪いブローカーも沢山おります。

しかしよく考えてみて下さい!!

まともに資金調達先を紹介出来るパイプがあるならば、
法人としてのきちんと表で商売出来るはずなのに、
ブローカーと呼ばれる方々の多くは個人で紹介してくる方が
ほとんどです。(弊社にも突然ブログ見てお客様を紹介したい
というブローカーさんから電話が来ることがたまにあります。)

余談ですが、私が今まで会った事がある個人金融ブローカーは
ほとんどの方が偽名を使っておりました(笑)

たぶん何かやらかしてもいつでも逃げれるようにだと思いますが(笑)

ですのでブローカーや資金調達先紹介などに騙されてしまう方も多いので
要注意して下さい!!

御自身でちゃんと調べて安心できる所を探した方が懸命だと思います!!

何か弊社にお手伝い出来ることが弊社になんなりとお申し付け下さい!!(( ^∀^ ))

名古屋 アパレル業 ファクタリング 

診療報酬債権買取