手形割引とは取引先から受け取った手形を現金に換金することをいいます。具体的には手形を現金化するには、手形に記載されている決済日まで待つ必要がありますが、手形割引においては決済日前に現金を受け取ることが出来ます。企業が掛金を回収するときに手形で支払われることが常ですが、手形を現金化するにはひと手間かかります。その為緊急に現金が必要になったときなどに、会社の資金繰りに役立つものです。

手形を割り引くという行為は、現金化する日から、支払期日までの金利を差し引いた分を受け取れるということで、簡単に表現するならば、早く現金化する分割り引かれると考えてもよいでしょう。便利な点としては資金繰りが逼迫した時に、手形の支払期日よりも前に現金化したい場合があります。そのような場合に銀行などの金融機関に買い取ってもらい、資金繰りに充てることができます。これを手形割引と言います。

手形の引き受け先としては銀行の他に手形割引の専門業者が存在します。銀行はでは主に割引依頼人信用状況をみて割引を引受けるかを判断します。それに対して手形割引業者は手形振出人のみの信用状況を見ることになります。一般的に銀行での手形割引の方が審査が厳しく時間がかかると言われています。しかし手形割引業者については、手数料が割高と言われていますが、その処理は早いと言われています。状況に応じて使い分けるとよいでしょう。